archive: 2017年08月  1/1

夏の陣④

購入金額:15,700払戻金額:2,470前日2時まで役員と飲んでいたからか?飲み屋の女の子達にロッキン50肩がウケたからか?(笑)当日産休中の後輩社員が競馬場まで顔見せにきたからか?軸馬が尽く惨敗していった1日でした…デムーロと思い写メしていたらホワイトでした(笑) koolhand...

  •  0
  •  0

思い出して探しました

久々にJRAから雀の涙をいただきましたがそう言えば昨年、阪神競馬場で来場ポイントでクオカードが2枚当たった事を思い出して慌てて探すも見つからず…間違えて捨ててしまったと諦めていたら数日後に一度確認した場所から出てきました(最近このような事が多い)しかしこの手のクオカード使用出来ないからなぁ koolhand...

  •  0
  •  0

Is This The Life We Really Want? / Roger Waters

Roger Waters、25年ぶりの新作。20~30年前だったら絶対に『眠くなる』の一言で聴いていなかったであろうAlbumです。本当は、詩が分かった上で聴いた方が良いのは分かっているのですが、なんとなく聴いています。でも、聴くだけだけでRoger Watersの世界感を満喫出来ていますので、満足しています。このAlbumのこの世界感を好きな人は今の若い人達の中でどれだけいるのでしょうか?でも、プログレの世界を好きな人は若い人でも受け...

  •  0
  •  0

インファナル・アフェア 終極無間

No image

サムはマジ怖いあの顔とは裏腹で怖すぎるストーリーは現実と空想、過去と現在が入り交じり難しい部分が多いのが残念「運命は人を変えるが人は運命を変えられない」それでも名言、名シーンが多いシリーズ作品ですインファナル・アフェアインファナル・アフェア 無間序曲koolhand...

  •  1
  •  0

国権 純米原酒

【日本酒度】 +3【精米歩合】 60%【製  造】   国権酒造株式会社久しぶりに呑みました。夏酒らしい味で、呑み易かったですPalerider...

  •  0
  •  0

ウルフルズ ツアー2017 人生~デビュー25周年やな!せやせや!~( 最終日)

No image

ウルフルズ ツアー2017 人生~デビュー25周年やな!せやせや!~ (8月13日)ウルフルズが、復活をしてから、毎回行ってますっ!って、言っても2回ですが...(笑)今回の3回目は、『25周年記念!チケット 2,500円(税込)』です!観に行けるか不明だったのですが、無事転職先も決まり観に行けることになりました。その不明の間にチケットが発売され、チケットの購入を迷いましたが、『25周年記念!チケット 2,500円(税込)』であれば、...

  •  0
  •  0

ウソつきは結婚のはじまり

No image

吹き替え版で見ましたがアニストンの声優は基本、「フレンズ」の時から変わらないと一緒に見ていた彼女から言われ気づきましたアダム・サンドラーとジェニファー・アニストンというアメリカ万歳!能天気!で楽しめる映画ですこんな映画に(←失礼!)大女優ニコール・キッドマンが出ているのに驚きましたが舞台がハワイのディズニーホテルなので観光気分で出演したのでしょう(笑)ジェニファー・アニストンのプロポーションも抜群な...

  •  0
  •  0

カートアングルがGMに

TNAに居たサモアジョーがWWEに移籍した事は知っていましたが懐かしやカートがGMになっていました決め台詞イッツトゥルー イッツデムトゥルー(本当に本当だ!)も健在そしてカートの隠し子(さすが笑えるシナリオのWWE)息子ジョーダンも冗談でなく登場ジョーダンのRAWデビュー戦は圧倒的な強さでした大好きなAJは出てきませんでしたが、どうもスマッグダウン所属のようです koolhand...

  •  0
  •  0

Crooked Calypso / Paul Heaton & Jacqui Abbott

今頃になって気付いたこと・・Paul Heaton & Jacqui Abbottのalbum全てThe HousemartinsのAlbumをProduceしていたJohn Williamsだったこと・・・そりゃ・・音の創りがThe Housemartinsに似ているはずですよねさて、順調に3rd Albumまで創ってしまいましたPaul Heaton & Jacqui Abbott・・売上は別にして全英チャート上では成功しているようです。1st Singleも聴き易かったですしね・・・Paul Heaton・・次作もJacqui Abbot...

  •  0
  •  0

ナオミの夢

BSプレミアムで放送されているThe Coversゲストがクレイジーケンバンドという事を偶然知り視聴剣さんは相変わらずな格好よさでしたが番組内で紹介された「ナオミの夢」に懐かしさが詳しく調べてみると(Wiki調べ)ヘドバとダビデというイスラエル人が歌っていました我ら世代は♪ナオミ カムバック トゥ ミーが耳に残っているけど当時はイスラエル人が日本滞在1週間で歌わされて作られていたなんて知りませんでした(笑)koolhand...

  •  0
  •  0

資産運用

No image

もう50歳近くなると考えますよね先日、Koolhandが金利について書いてました。わずかだけど気になる利率・・元手しだいで変わるけど・・・利率しだいでは、勝負したら面白い時もある・・でも、自分は『博才』がない・・これだけは、どうしようにもない。この才能があるJayには尊敬でしかない。この8月から少しポイントなどで遊んでみます。チキンなハートで少し小遣い稼ぎをしてみます。Palerider...

  •  0
  •  0

夏の陣③

購入金額:17,000払戻金額:8,820感覚的にはこれほど負けてるとは思わなかったんですがここをもう少しガツンと勝負出来ないところが駄目ですねkoolhand...

  •  0
  •  0

Send Away The Tigers~10 Year Collector's Edition~ / Manic Street Preachers

このAlbum、発売されて10年か・・・率直な感想。このAlbumについて以前書いていた記憶もあったのだが10年前だとBlogは前の会社の時かと探すのを諦めました。ただ、このAlbumがDeluxe Editionされるということは・・・自分の好きな『Lifeblood』のDeluxe Editionはないのか・・残念!!!でも、日本盤で、『Lifeblood』2枚組が発売されたとき購入していて正解でした。しかし、その時『Send Away The Tigers』の2枚組を同時に購入し...

  •  0
  •  0

バースデイ・ガール

No image

イギリスロンドンからそう遠くない田舎町が舞台インターネットで嫁さん探しをしている主人公そんな中、嫁さん候補の一人がナディア半端なくタバコを吸う言葉が分からない喋らないロシア人ナディアとの奇妙な生活が始まるナディア演じるニコール・キッドマンは顔からして性悪女に見える名演技このまま平穏無事には終わらないだろうと思っていたら輩2人が乗り込んできて後の展開は容易に想像付きましたロシアに渡った主人公の銀行マ...

  •  0
  •  0

2017年8月 こんなの聴いています

こんなの聴いてます~8月編~ある意味、王道です・・・全日本プロレスです最近の全日、面白いですよ。三冠を石川に渡すとは思いませんでした。久しぶりのGuns・Stones楽しく聴けそうですPalerider...

  •  0
  •  0

新潟11レース 新潟日報賞

今年3回目の勝負この枠で津村ならやってくれる❗...

  •  0
  •  0

夏の陣②

購入金額:12,100払戻金額:12,260これだけ的中させてもプラス160円…この日はA指定席に無料で九スポが配布されていました初めてですが、こういうサービス良いんじゃないでしょうか毎年恒例となってきたジョッキートークショー今年は司会が高田、松山、回答者が幸、和田、川田、浜中、川須ジョッキーとそうそうたる面子松山君の天然なかわいい回答ぶりを見ると、アルアインから降ろさなくてもと気の毒になりました koolhand...

  •  0
  •  0

店員が驚いてました

彼女とカラオケに行った時にスクラッチくじを1枚削ったら『うわ、凄いです❗』と店員が驚きの声を2000円券が出るのはかなりレアらしい思わず嬉しくなりましたが俺ジャンカラに踊らされてる?(笑) koolhand...

  •  0
  •  0

Simply Red ~5 Of The Best~

It's Only LoveSunriseThe Right ThingSomething Got Me StartedFakeこの季節に聴きたい曲を選びました。Palerider...

  •  2
  •  0

Street Rituals / Stone Foundation

この曲を聴いてくださいあのグループを思い出すと思います。ProducerはPaul Weller・・・この音、懐かしすぎます・・・ふと耳にした曲だったのですが、80年代の曲が好きな自分としてはあのグループを思い出さずにはいられません。前作には、Dr.Robertがクレジットされていたとか新しい音ではありませんが懐かしくもあり・・というAlbumです。Palerider...

  •  2
  •  0

人生/ウルフルズ

No image

1. せやなせやせや人生は 2. もーあかんブギ 3. バカヤロー 4. こいよ! 5. なんでなん 6. おれを夢中にさせないで 7. ヤラカシ男 8. 迷ったら Do It 9. 胸ポケット 10. クラクラフラフラ Everyday 11. ひと ヒト 人 12. しあわせ 13. はげしくやさしく...

  •  2
  •  0

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

No image

引き籠り中年男アランが来ているシャツはジャーニー自室に貼ってある一番大きなポスターが、ビリー・ジョエル“グラス・ハウス”ストーンズのシャツ来た猿も登場嫌なシーンで流れる“アレクサ”に、船上で“アレンタウン”を歌うタトゥー男とやたらビリー・ジョエルが使用されているが凄く迷惑(笑)ストーリーは前作をほぼ国外ロケ(タイ)で撮りました的な内容ですが、指切断ネタは流石にちょっと…前作も出演したマイク・タイソンが唄う“...

  •  0
  •  0

日経ビジネス 2017年7月 読後感①

裸の王様だったのか社長解任~誰がクーデターを起こすのか~の特集に惹かれ読んでしまいました。昨年がセブン。今年が三越伊勢丹。とそれぞれの政変がありましたが、読んでいくと本当に人事は難しいと思わされました。当事者でもなく誰か一人でも納得がいかなければタイミングさえ合えば・・大きな会社でもトップが代わるんだと思わされました。でも、思いますもん・・このトップを排除してこの神輿をかついだほうが会社が良くなる...

  •  0
  •  0

アジャストメント

No image

下半身露出写真で選挙戦、窮地に立たされる下院議員ノリス調整役エージェントが「カーテンの裏側」で例える、鍵を忘れたり、ネット接続の不具合などは妙に納得俺も調整されてないかと思う事がこの映画を見る前に確か起こっていたな(笑)ノリスは彼女の将来は出会いと別れで運命が違ってくる事を調整役から聞き自ら身を引くのだが…運命は自分で切り開くと思っていましたが違うのであれば俺もいい具合にエージェントに調整してほしい...

  •  0
  •  0

おめでとうミルコ・デムーロ700勝!

記録達成まで全く知らずに観戦していましたおめでとうミルコ!ミルコが来ているということで1レースとは思えないパドックその1レースは1周跨っただけで2レースはから馬状態(笑)もうパドックに行かねえよと思いつつ心はイベントステージに立つ中村静香さんに(笑)写真撮影NGだったので代わりにコレをまぁイメージどおりスタイルめちゃ良くて可愛かったです彼女がステージで飲んでいたミントジュレップを競馬場内にあるバーでオー...

  •  0
  •  0

夏の陣①

購入金額:13,700払戻金額:6,250待ちに待った地元競馬開催初日とは言え半端ない混み具合競馬人気復活したのか?指定席も奇跡的に5階席が事前予約で取れたものの当日は開門と同時に売り切れたそう朝のバスも長蛇の列で補助席を出す始末到着後色々と理由らしきものが分かり…ミルコか?中村静香さんか?明日のブログをご覧あれ!(笑)今回は馬券について振り返らないようにしました…koolhand...

  •  0
  •  0

The Sound of the Jam/THE JAM

No image

1.In the City2.Away from the Numbers3.The Modern World4.David Watts5.Down in the Tube Station at Midnight6.It's Too Bad7.To Be Someone (Didn't We Have a Nice Time)8.Mr. Clean9.English Rose10.The Butterfly Collector11.The Eton Rifles12.Private Hell13.Thick as Thieves14.Smithers-Jones15.Saturday's Kids16.Going Underground17.Start!18.Liza Radley19.Pretty Green20.Boy About Town (UK, Japan and Mexico o...

  •  0
  •  0

Purple Rain / Prince & The Revolution

PrinceがメジャーになったAlbum『Purple Rain』このAlbumを自分に薦めてくれた友人はお礼を言いたくてももう言うことが出来ません・・不思議な縁な友人だったとは思うのですが・・このAlbumを聴くと想いだす・・・そんな友人です発売が1984年、30年以上前・・・アフリカン・アメリカンのPrinceがロックAlbumを創ったと言えば珍しい時代だった。だから、最初は・・・聴きませんでした。紫の服・・なんかわからないという感覚でした...

  •  0
  •  0