FC2ブログ

続・80’sのひとり事

Love All Your Blues Away-Lou RAWLS


Lou_Rawls_-_Love_All_Your_Blues_Away.jpg
01.Change Your Mind
02.Are You With Me
03.Love All Your Blues Away
04.Stop Me From Starting This Feeling
05. Learn To Love Again
06.Willow Weep For Me
07. We'll Be Together Again
08.The Way You Look Tonight
09.It Never Entered My Mind

のっけから書いてしまえば、このアルバムでいいのは、たった2曲です。
ただ、その2曲が強力過ぎるのでCD化を熱望しています。
このアルバムのProはGraydonで、参加&ライター陣を羅列すると・・・
Cliff Mangus,Glen Ballard,Bill Champlin,Robbie Nevil,Michael Omartian,David Foster,Tom Keane,Richard Page,Steve George・・・と、AORファンなら涎物の面子です。

たった2曲はA面の04と05です。
先ずは04ですが、夏のAOR全快な曲で、ほとんどのAORファンが首を縦に振り頷くぐらいの王道AORナンバーです。ライターはFoster&Keaneで、アレンジもFosterが演っています。心地よすぎるバックボーカルはお馴染、Page&Georgeのコンビ。続く05は、これまた王道バラードで、同じくGraydonがProした、ディオンヌのアルバムに入っていてもおかしくないナンバー。ライターはFoster,Graydon,Pageと、超悶絶な面子であります。音は久々にFosterとGraydonの、ほぼ2人の作業で作られています。

何とかCD化にならないかなぁ~。

koolhand
関連記事
スポンサーサイト



1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/1097-aa16fb2f