fc2ブログ

4人がそれぞれの想いを綴ります

夜に蠢く

yoruni.jpg
間もなく最終巻が出ますが、これ程待ち遠しい作品は久しぶりです。

ところで、タイトル「夜に蠢く←(うごめく)です」。変換で知りましたが、意味は「虫がはうように絶えずもぞもぞ動く」だそうです。この作品柳沢先生久々のヒットではないでしょうか。特命係長も悪くはないのですが、徐々にドロドロさが消え去り、含蓄が多すぎて大市民的な作品になりつつあり、購入まで至らないのですが、「夜に蠢く」は柳沢ワールド全開で、中年男の欲望が底なし沼だという事がよく分かります。下品な言葉行為の連発ですので、女性読者が一人も居ないと確信出来ると同時に、中年男の多くがこのような欲望を持ちつつも、理性を働かせて毎日を生きている事に「業」すら感じてしまいました。

「酒」「食」「SEX」「金」、そして「仕事での成功」と男なら誰もが欲する物を手に入れていくのだが、それでも手に入らない物がある。それは「真実」ではないのではと思っているのだが、読んでいる方はどう思っているのだろうか?

koolhand
関連記事
スポンサーサイト