FC2ブログ

続・80’sのひとり事

白い肌の異常な夜


shiroihada.jpg
こ、恐い、怖い、強い、映画ですねぇ。(淀川長治さん風)

初めて見たのは日曜日の午後、まだ10代でしたが、吹き替えの山田康雄さんが、「やめてくれ~」と叫び、かなり寒い終わり方でエンドクレジットが出た記憶があったのだが、今回は30代最後の年での鑑賞。怖い映画と記憶していたが、本当に怖かったです。少女から熟女まで複数の女性の中に男が一人(しかも美男子で尻軽)入っただけで、女性の意識が変わりはじめてくるのは、今の職場でも体感しており、めちゃ共感出来ました。現実と欲望が交差する異様な妄想シーンを見ると、男も女も考える事は大差ないのかなと思えました。

こっちの蜜も甘いが、あっちの蜜も甘い、でも両方味わうと大変な事に・・・

女の嫉妬と欲望が入り混じった結果、マクビーは足を切断しなければならなくなる。そして、ここから狂気に満ちた嫉妬が展開されていく。

マクビーは上手い事立ち回れるだろうと思ったのだろうが、女性の嫉妬をコントロール出来る者など居ない事に気がつくのは、ラストまで見終えた男だけだろう。これは名作というより怪作でしょう。

しかし、ラストで亡くなったマクビーを女性陣全員で袋に詰めながら世間話に花を咲かせ、死体を捨てに行く女性って・・・

koolhand

関連記事
スポンサーサイト



1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/1305-2cfbf5dd