fc2ブログ

4人がそれぞれの想いを綴ります

続・夜に蠢く 悪夢の饗宴編

1102831170.jpg
あまりに呆気ない終わり方をしていたので、調べて見ると「続編」がある事を知り、それが読みたくて読みたくて仕方ありませんでした。なので…

続だけに「ゾクゾクします」なんっつて!

そんな親父ギャクを言いたくなる程、嬉しい発売でした。amazonさんからメールがなければ、危うく存在を知らないままでしたので、この場を借りて感謝を伝えたいです。

表紙に書かれている「柳沢きみおが描く 欲望むき出しのストーリー」は俺のブログを読んでキャッチを決めたのではと思わせられる的を得た表現!(←俺のブログを読んでは完全な勘違い野郎です、スルーして下さい)

さて、内容ですが前作までとは一転して、人間描写メインのサスペンス物になっており、「欲望」に翻弄される主人公だけでなく、周りも「欲望」に振り回されているところは、流石、柳沢ワールドです。

春に発売される次巻が本当のラストのようですが、予告の絵で燃え盛る家が描かれているところを見ると、燃え尽きるのでしょうか?それとも先生十八番の頭を再度抱えるか?逃げ出すか?でしょうか。何れにせよ、とても楽しみです。

ところで先生、GNDに出入りする謎の男性は出てくるのでしょうか?

koolhand
関連記事
スポンサーサイト