FC2ブログ

続・80’sのひとり事

ハゲタカ


見に行きますよ、焼け野原を 資本主義の



一つの映画としては上手く出来ていたのでしょう。ただ、ドラマを観ていた人間にとっては・・・あの面白さを味合う事が出来ませんでした。やはり、この『ハゲタカ』映画にするには難しい題材ではなかったでしょうか?ドラマ時にあった一人一人の背景を描ききることが2時間では難しく最後の言葉が活きてきませんでした。ドラマ『ハゲタカ』が評価されたのは長時間をかけて鷲津だけではなく一人一人の葛藤をNHKらしく丁寧に描いたことだと個人的には思っていますから・・・

語りたいことは多くあるのですが、やはりこの映画登場人物を絞ってほしかったです。ドラマに出てきていた人物を全員を出す事は難しかったのではないかと思います。映画の中に突然松田 龍平が出てきても背景がわからず難しいですよ。観ていて『何で出てきたのだろう?』と思いましたもん。あのフジの映画を観ましたが・・無理がありますって主要登場人物を全員出すって・・・話がまとまりませんよ。特に時間が限られた映画では、難しいですよね・・・・



Palerider

関連記事
スポンサーサイト



1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/1798-9496fbb9