FC2ブログ

続・80’sのひとり事

4人がそれぞれの想いを綴ります
1980music

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← この手法、見事です

黄金の洋楽ライヴ・ジョージ・ベンソン

ymbz-10096.jpg
1. フィール・ライク・メイキン・ラヴ
2. オフ・ブロードウェイ
3. ウィークエンド・イン・LA
4. オマーズ・チューン
5. レディ・ラヴ・ミー(ワン・モア・タイム)
6. ラヴ・バラッド
7. ムーディーズ・ムード
8. ビヨンド・ザ・シー
9. アフェアメーション
10. マイ・ラテン・ブラザー
11. ラヴ×ラヴ
12. イン・ユア・アイズ
13. ザ・グレイテスト・ラヴ・オブ・オール
14. 20/20
15. ネヴァー・ギヴ・アップ・オン・ア・グッド・シング
16. ターン・ユア・ラヴ・アラウンド
17. テイク・ファイヴ
18. オン・ブロードウェイ
山中千尋さんという綺麗なジャズピアニストの方がナビゲーター。何でもベンソン氏と競演した経歴があるそうです。

さて、ライブは86年というBENSONさんが、最もAOR&ブラコンしていた時期。邦題、「愛のためいき」からスタート。続いてはメロウなインスト02、03も邦題からして素敵な「メローなロスの週末」で、一気に惹き込まれます。ペイチ作の05は、一聴して彼が作ったと分かるAORナンバーで、あの当時の空気が楽しめます。

08はAORファンには、ボビー・コールドウェルの熱唱で御馴染みなナンバー。11もナイスな邦題、「愛の幾何学」は、僕の大好物、ロッド・テンパートンの作品で、BENSONの中で1番好きな曲。この曲はスカパーを契約している時に、偶然見たウェザーチャンネルのバックで流れていました。テロップに流れる曲を書きとめ、即ベスト盤を購入しました。

14から16のAOR三連発の流れは圧巻。その中で15の紹介テロップで、「エアプレイのグレイドンが作曲した」と、出たのには笑ってしまいました。全体的にAORに寄ったテロップが多かったのですが、これはトドメでした。

しかし、BENSONさんって、ジャケで見るよりマッチョなので驚きでした。

koolhand
関連記事
スポンサーサイト



1980music

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy. Let's put some happy little clouds in our world.

TV
『町の美容店』復活伝説 →

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/1923-e6dd34cc