FC2ブログ

続・80’sのひとり事

『福』に憑かれた男


51rQ+1vfUDL__SS400_.jpg
作家の喜多川 泰さんは、1970年生まれで自分と同じ年。同年の頑張りが嬉しかったが、この差はなんなんだろうかと少し落胆させられた。

転職した際に、「先ずお客様を喜ばせる、幸せにする」を上司から聞いた時に、この人達は宗教にでも嵌っているのかと疑う事しか出来なかった自分と、既に達観している喜多川さんとの差はとてつもなく大きい。主人公の秀三を見習い、忘れかけていた自分の思考を蘇らせる事が出来る本。秀三の優しさと柔らかさ、そして不器用だけど、格好つけずに一生懸命頑張っている姿に、自分も周りも自然と笑顔に。逆境こそ、「前向きに!」を合言葉に、自分も喜多川さんとの差を少しでも縮められるよう頑張ります。

しかし、これを読んだ後ぐらいに、タイミングよく?トイレの神様を聴いたのですが、祖母の件の部分と歌詞が酷似してるんですよね…

koolhand

関連記事
スポンサーサイト



1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/2123-18993d9f