Welcome to my blog

1980music

1980music

70726f647563742f616533666338656439302e4a50470032353000.jpg
不思議な事なんですが、自分の周りの映画好きな人、そうじゃない人が揃って言うのです。「グラディエーターは名作」、「好きな映画はグラディエーター」だと。つい最近も映画談義になり、グラディエーターを勧められました。見たことないと話をしたところ、だいぶ驚かれ、「映画好きなら尚更見て下さい」と、力強く言われ、史劇が苦手な自分もようやく、かなり前に録画していたものを見ました。

シンプルなストーリーなわりに長い上映時間だが、あっと言う間の時間だった。ラストは涙が止まらず、胸熱くなった。現実と死の狭間でマキシマスが見る回想映像が兎に角、秀逸な出来で、悲哀の中に一筋の光りが見える。

皇帝に息子同然に敬愛されたマキシマス。仲間から絶大な信頼を勝ち得るマキシマス。一方のコンモドゥスは狡猾な生き方で、皇帝の座を奪い跋扈する。この好対照なキャラクターがストーリーを熱くする。民衆をも味方につけたマキシマスが、「俺はグラディエーターだ!」と力強く叫ぶシーンは圧巻でした。

周りが絶賛する理由がよく分かりました。これは名作です。きっと自分も人に勧める事になるでしょう。

koolhand
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply