インサイド・マン

70726f647563742f653031356666653233322e4a50470032353000.jpg
スパイク・リー監督、デイゼル・ワシントン、ジョディ・フォスター、ウィリアム・デフォーとキャスティングに興味を持ち録画。タイトル以外の内容は全く知らないまま見始めたので、クライムストーリーとは、タイトルを見ても、スパイク・リーの作品からも想像出来ませんでした。

スパイク・リーが描く人種差別を無理に盛り込んでいる感は否めませんでしたが、とても見応えがあり、推理小説のページを捲るように次が気になる展開。完璧な銀行強盗の手口を考えた主犯格の人が、強盗後も追われる事はないであろう物までを手に入れてしまい、大きな仕事をやってのける。それに周りは翻弄されるのだが、デイゼル演じる刑事、キースだけが、謎解きを楽しむように、ひとつひとつ暴いていく。その結果、彼は実力で昇進し、ご褒美まで手に入れる痛快なラストが待っている。

秘密を暴かれたくない大物銀行家が、犯人達の要求のひとつ、ジェット機の手配について、「私が手配しようか?」と、刑事達に問いかけ、一同が暫く絶句してしまうシーンが印象に残りました。

少し気になったのは、くるくる回るカメラワーク。意図があるのだろうか?目が回ってしまうシーンが数回あり、気持ち悪くなってしまいました。



koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment