Welcome to my blog

1980music

1980music

挫折の軌跡~2012.4.2号~

h_NB1635.jpg

国内唯一のDRAMメーカー、エルピーダメモリーが2012年2月経営破綻した。この会社には公的資金も入ったが、リーマン後の金融危機後のDRAM市場の悪化・急速な円高によって自主再建を断念したと書いてありました。今回はその中心にいるエルピーダメモリーの社長 坂本 幸雄さんの話でした。

ただ、2007年3月期に純利益529億円出した企業が・・・何故にと思わされ読んでいたのですが、リーマン後の2009年3月期は価格競争が激化し1,788億円もの純損失をだす事態になり、昨年の円高がエルピーダメモリーの企業生命を止めてしまった。と書いてあります。ただ、坂本社長としては国内DRAMの火を消したくない思いから会社更生法の適用を申請したらしい。自分はっきり言ったら、電機業界の収入の大きなぶれというのはあまり理解できていません。1つの製品が売れるとV回復が容易であるのは解るのですが、なんか博打の世界だなということしか見えてきません。今回のエルピーダメモリーも何か予備策はとれなかったのでしょうか?ただDRAMを売っているだけでは、難しいのは10年以上前から解っていたことだと思います。それだからこそ、国内唯一のメーカーになったのでしょうから・・・

今後は、債務が無くなることにより身が軽くなりますが、国内唯一のDRAMメーカー・・・さて、どうなるでしょう?会社名、覚えておこう

Palerider
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply