シーガイアとカジノの未来

渦中のひと~2012.4.30号~

h_NB1639.jpg

今回は、あのシーガイアを4億円で買い取ったサガサミーホールディングスの里見 治会長兼社長の話でした。4億円で買ったといっても負債54億円は引き継いではいるので・・・とはいえ初期2000億円を超える巨費を投じて作られたシーガイアですので、「投げ売り」のなかで購入されたようです。
でもね、難しいことはいっぱいあると思います。建物にしても20年近く経っていますし、リニューアル等を行いハードを新たに創造したとしても継続してお客様が来るかといえば違うと思います。ハードだけならが、リップルウッドが買った時、黒字になっていたでしょう。まず「宮崎に行こう」という気分にさせるのが一番の難関だと思います。そこで、出てくるのが噂になっている「カジノ」でしょうね・・・・何処に出来るのかで変わってくるでしょうが、自分今後カジノは必要となると思うんですよね・・・・ちょっと離れた地域には・・・・

ここにも書いてありますが、カジノが終わった後・行く前に観光地とかに行く可能性が大きくあるので波及効果が起きて、地域経済の景気回復の手段となると思うんですよね・・カジノ、東京とか都会には造ってほしくないですね

Palerider

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment