gleeシーズン2・第21、22回

SN3N0828.jpg
第21回。スー先生の考え方に少し共感。姉の突然のサヨナラに戸惑うスー先生に涙、涙でした。そしてラストは、ベッキーを抱きしめるスー先生に涙が止まりませんでした。チア部に戻れて本当に良かったです。

第22回。ニューヨークに行きたい!ストリートミュージシャンが笑えます。
シーズン1に続き、gleeらしいラストでした。


さてNHKさん。シーズン3の放映はいつでしょうか?

koolhand
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

koolhand  

keizさん、熱いコメントありがとうございます(笑)
gleeネタを話せるのが、会社に居る女性一人とkeizさんだけなので、嬉しいです!

なんか、スー先生の回って、裏最終回的に思えて仕方ないです。ベッキーにハグさせてくれってところは、自分も号泣でした。

シーズン3が待ち遠しいのですが、シーズン2で既に完成の域に達したように見える面々が更に成長しているかと考えるだけで、ワクワクします。

それにしても、keizさんの視点、流石です!

2012/06/25 (Mon) 11:28 | REPLY |   

keiz  

スー先生にすこし共感。。。

よくわかります。
シーズン1のとき、ベッキーをチア部に入部させた意向が
よくわからなかったのですが、こんな意味があったのですね。
で、シーズン1のオーディションを再度見てみたら
そういうストーリーでした。今気づくか?(笑)

ハグさせてくれ、っていうところは泣けますね。

"Light Up the World"のオープニングは
サンタナ、ブリトニー、そしてアーティのパフォーマンスから。
そして二番に入るとフィンとレイチェルが。

結局ニューディレクションズは他のチームに比べて圧倒的な層の厚さ
と全員参加型のパワーをみせつけました。

あの演出は凄いですね。
他のチームは全国大会のレベルをみせつけながら、視聴者にはディレ
クションズが本当は1位であったことを印象づけなければなりません。
あのエンディングがなければ本当は。。。そしてブレインとカートの
回想によるシーン設定。

このあたりのひっくり返し方が、シーズン1とともに秀逸で感動しました。

2012/06/23 (Sat) 09:12 | EDIT | REPLY |   

Post a comment