FC2ブログ

続・80’sのひとり事

4人がそれぞれの想いを綴ります
1980music

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← 007オクトパシー

2013年度・ボウリングの練習に行ってきました。③

今日は、お休みだったので、2月9・10日に行われる大会の会場に行き、下見がてらに練習をしてきました。
5ゲーム投げ放題がお得だったので、5ゲーム投げる事にしました。

スコアは
1ゲーム-83、スペア2、ストライク0、スプリット1
2ゲーム-134、スペア4、ストライク2、スプリット1
3ゲーム-163、スペア6、ストライク2
4ゲーム-133、スペア4、ストライク1
5ゲーム-155、スペア3、ストライク3、スプリット1
アベレージ-133.6、スペア38%、ストライク14%

1ゲーム目は話になりません。
先日ボールを購入した際に、そこのスタッフの方が「ボールを握りすぎている感がある。」と指摘をいただきました。
それが頭の中にこびりついているのか、ボールを軽く握るように意識している為と思われますが、ボールをリリースする際に手前で落ちてしまいます。

それと、ボールの握り方についてもご指摘をいただき、今までのボールでは第1関節と第2関節の中間まで挿入するセミフィンガー・グリップだったのですが、ニュー・ボールは第1関節までを入れるフィンガー・グリップに変更しました。

それで今年からは、今までのボールでもフィンガー・グリップで握るようにしました。
あまり違和感がなかったためそのままフィンガー・グリップで投げるようにしたのですが、今日はボールが落ちてしまい上手く投げれません。
その結果、2投目に1本も取れないフレームが5個もありました。
このままだと、大会の予選通過も難しいのではないかと思いました。
せめてもの救いは、10フレームが3投投げれたことです。

2ゲーム目は、違和感を感じつつもフィンガー・グリップで投げていましたが、安定性にかけ1投目に5ピン以下というのが4回もあり、スペアの後に3ピンというスペアのメリットを生かせない投球もありました。
ここもそうですが、今日はすべての10フレームで3投投げる事ができ、これは今日の収穫でありました。

3ゲーム目は、ボールの握りを変えました。
フィンガー・グリップだったものを、セミフィンガー・グリップに変えました。
理由は指にあってないホールで、フィンガー・グリップで投げても結果が出ないと思い、そして今度の大会でも散々な結果が見えてきたので、背に腹はかえられなくなり今までのように戻しました。
握りも軽くではなく、しっかり握ることにしました。
すると6フレームまでノー・ミス。結果2回のミスに抑える事ができました。
フォームも腕がしっかり振れいい感じでした。

4ゲーム目は、スペア、ストライクといい発進をしたのですが、5フレームまで安定せず、そこから2回のミスがあり、133となってしまいました。
しかし、ここで投げ方のコツがわかりはじめました。
散々去年も練習をしてきたはずなのに、ここにきてやっとです。
バックスイング(腕を後ろに引く)から、フォワードスイング(前に腕をふる)時に若干のタメができるのです。
今まではバックスイングからフォワードスイングにすぐに移っていたのですが、タメがあるとボールに回転がかけやすくなるのです。(これが正しいかどうかわかりませんが...)
今までのボールでは、この投げ方を生かすことができませんが、ニュー・ボールではフックをかけることが容易になります。

それで、5ゲーム目です。
1投目はニュー・ボール、2投目は今までのボールで投げました。
4フレーム目までは2投目に1本も取れないのが2フレームあり、そして1回のミス、スペアが1個。
しかし、7ピン以上は倒しているのですから良しとした方がいいと思います。
5フレーム目からは、ダブルを含むストライク3個、スペアが2個。
フックをかけないと取れそうにない場合は、ニュー・ボールでフックをかけスペアゲットに成功することができました。
そして後半にスコアを伸ばし、155で終えました。

今日の結果をみると、予選通過はできるのではないかと思います。
ボールは基本的には、今までのボールをセミフィンガー・グリップで使いますが、場合によっては5ゲームのように使い分けをしたいと思います。

それと、大会の前週には女子プロの松永裕美さんが、大会会場で投げられます。
それは一般の人でも投げれるという事でしたので、申し込みをしてきました。
今から彼女を一緒に投げれることを楽しみにしています。

ROSE
関連記事
スポンサーサイト



戻ってきました →

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/2706-ca6fdb2a