fc2ブログ

4人がそれぞれの想いを綴ります

ワイルドシングス

70726f647563742f636538303465353432342e4a50470032353000.jpg
マット・ディロンが出演している事を知りませんでした。彼は今もスクリーンに出ているのだろうか…。ケヴィンと並ぶと、80年代ティーン俳優の同窓会な雰囲気もありました。勝手にケヴィン・ベーコンが主演と勘違いしていたので、ケヴィンの役にも驚きました。マットの先生役はとてもとても、うまやらしい役で(笑)人間の表と裏がうまく表現出来ています。

「ナッシュ・ブリッジズ」のハーベイがケヴィン演じる刑事の上司?弁護士?役で登場。
そして、ビル・マレーまで弁護士役で登場する。終盤になると全く出てこなくなったので、ゲスト出演かと思っていたのですが…

嘘がばれて状況が一転するまでは読めたのだが、そこからは常識を逸した展開と、腹のさぐり合いが続くが、テンポが良いので、グイグイ引き込まれました。ただし爽快感などはなく、ある意味、後味の悪い同窓会でした。

と言いたかったところで、もうひとどんでん返しは全く読めずに、ラストを3回見直しました。

エンドロールの映像から、謎解きを開いていくので、自分にはHDD録画が凄く役立ちました。

koolhand
関連記事
スポンサーサイト