FC2ブログ

続・80’sのひとり事

業界激震!スーパーマーケットの革命者たち


20121018_g.jpg
同時期に見たガイアの夜明けと取り上げる内容が似ているが、制作予算の関係なのだろうか?

「少子高齢化は胃袋が小さくなる」のコメントは大きなヒント。

大黒天物産。倉庫を置かない、アイテムを絞って大量仕入れ、プライベートブランドの開発強化で、地域一の激安を目指すスーパー。

福島屋。会長は歩いて毎日出社。社員とは必ず握手をする習慣。
安心安全、そして美味しい食品を探し、安くはない食材を提供し、売上を伸ばす。バイヤー兼、従業員がプレゼンをする時に、手が緊張で震えるほど怖い会長は見ているだけで、息苦しく感じた。

自分なら店は福島屋を迷わずに選ぶが、働くとすると正直、どちらにも魅力を感じません。

コープさっぽろは、移動販売車で、最近話題の買い物難民を獲得。着眼点は素晴らしいし、お客様を待たない、攻めの姿勢も良いが自分なら、玄関からお店までお客様を運ぶ方に特化したい。

koolhand

関連記事
スポンサーサイト



1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/2740-f3136e26