2013年度・ボウリング⑬-ボウリングの日

今日は、ボウリングの日。
いつもは夕食の前にいくのですが、妻が帰ってきていなかったので、夕食が終わってからにしました。

今回の目的は、ボールのサムホール(親指の穴)を調節する事です。
現在サムセイバーと言うグローブ(?)を装着しているのですが、1カ月チョットでほころび始めました。
そんなに高価なものではないのですが、通信販売でしか購入できず送料や色々を含めると結構な値段になります。
それで、スタンダードな方法のサムホールにインサートテープ、そして親指をガードするテープの量で穴の大きさを調節します。

スコアは
1ゲーム-142、スペア4、ストライク2
2ゲーム-159、スペア2、ストライク4、スプリット1
3ゲーム-151、スペア4、ストライク3、スプリット1
4ゲーム-115、スペア3、ストライク2
アベレージ-141.8、スペア30%、ストライク26%

1ゲーム目は、メイン・ボールの調節です。
初めに親指をガードするテープを貼ります。
そして、親指を穴に入れて指をクルクル回すと、どこにも接触しません。
そこで、サムのインサートテープ(ホールの中に貼るテープ)を1枚貼りました。
1投目を投げてみましたが、少しゆるい感じです。
もう1枚重ねるように貼りました。
ちょうどいい感じにまりましたので、この状態で投げる事にしました。
1投目が安定せずストライクが2個とあまりスコアが伸びませんでした。

2ゲーム目は、特賞ボールの調節です。
すぐに投げるボールではないのですが、ホールの調節はやっていた方がいいと思いました。
サム(親指)にテープを1枚貼り、様子をみました。(メインボールは2枚)
このボールは、メイン・ボールより気持ち穴が小さいので、これで丁度いいみたいです。
指の抜けもよくストレスなく投げられます。

当然ですが、メイン・ボールより重く、なかなか回転をかけることができません。
少し投げ方を変え、ボールに回転をかけました。
すると、ポケットにきれいにいき、すごくはじけます。
メイン・ボールより2ポンドも重いという事が、このはじけを生んでいるのでしょう。
あと、細かいコントロールができないので、1ピン残しが3回もありました。
今すぐこのボールを使っていくわけではないので、ゆっくり投げていきたいと思います。
このゲームが、ハイスコアでした。
まともに1ゲームを投げたことが無かったのに、この結果は驚きです。
そして、このゲームで無理に回転をかける為、人差し指を捻挫してしまいました。
これが、4ゲーム目にひびきます。

3ゲーム目は、またメインボールに戻ります。
先ほどより、穴の大きさや、重さがかわったせいでチョッと戸惑いました。
ボールを持った瞬間、軽いと感じました。
ロフトボールがあったり、左に引っかけたりしましたが、落ち着いたスコアでした。
たぶん、指の太さがかわってしまったためだと思います。
ホールのシールを、1枚はがしてもよかったのかもしれませんが、面倒なのではがしませんでした。
本番は調節しないといけないでしょう。

問題の4ゲーム目です。
日曜日の校区の大会はハウスボールで投げないといけないのです。
マイボールはすべてバッグになおし、ハウスボールを探しにいきました。
なかなか、ホールがあうボールがありません。
しかし、妥協できるボールがあったのでそれにしました。
1フレーム目がストライクだったので、いい感じと思っていましたが、だんだん指が痛くなりはじめ、4フレームで耐えられなくなりました。
止めようと思ったのですが、最後までやりきらないととの思いが強かったので、頑張って投げました。
1投目はなんとか投げられるのですが、コントロールがより必要になる2投目が全くダメです。

そこで、近くで投げていたホーム・グラウンド最強のK氏が、アドバイスにきてくださいました。
投げ終わった後に身体が起き上がるので、投げ終わった時のフォームのままの状態を保つようにしなければいけないと言われました。
これは、1月度の月例会でY氏からアドバイスを頂いたのと同じでした。
ここは修正してかなければならないです。

4ゲームは頑張って投げた結果、7、8フレームをスペア、10をスペア、ストライクといい形で4ゲーム目を終える事ができました。

今日病院にいきましたが、骨には異常がなく、捻挫をしているとの事でした。
これで、明日の校区のボウリング大会は辞退することにします。
無理をして投げて後悔するよりも、安全をとって自分のボウリングを優先させたいです。

ROSE
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment