2013年度2~4枚目「徳永英明」

今年の2~4枚目は、徳永英明のシングル3枚です。
なぜ3枚もかって?
それは、3枚1000円だったからです。

haru.jpg
『春の雪』(CD+DVD)

tasogare.jpg
『黄昏を止めて』(初回限定B CD+DVD)

asuhe.jpg
『明日へ帰ろう』(期間限定盤)

CDを置いてある本屋に行くと、CDシングル3枚1000円やCDアルバム50%OFFのコーナーがあり、時々掘り出し物があるので、じっくり見ていくことにしました。
アルバムをみていくとありました、ウルフルズの『ベストやねん (ライブDVD付)』。
ウルフルズのファンである僕は、もちろん『ベストやねん』を持っていますが、僕のは『ベストやねん (PV付)』です。
いつかお金に余裕ができた時にと思っていましたが、いつの間にかそれ自体を見かける事がなくなりました。
それが50%の2000円であるのです。
「これキープやな。」と思いながら他のも見ています。

すると徳永英明のCDシングルが数枚ありました。
僕は彼を『輝きながら...』の頃から少しは気にしていて、『VOCALIST』シリーズは全部レンタルしました。(気にしているんだったら買えよって感じですが、笑)
だから気になって1枚づつ見ていきました。
2枚ほど『VOCALIST』シリーズあり、「これは、レンタルしてるもんな。」と思い次を見ました。
すると、『春の雪』のカップリングに『レイニーブルー 25th Anniversary Track』でした。
この曲のオリジナルは彼のデビュー曲で、僕が大好きな曲の一つです。
「いいなぁ」と思いながら、次の『黄昏を止めて』を見ると、これのカップリングは『壊れかけのRadio 25th Anniversary Track』でした。
この曲も僕の好きな一曲です。「たまらんね、この2枚。」
1枚300円ぐらいだったら、レンタルしたつもりで購入してもいいなと思い、それでもう一枚探しました。
東日本大震災復興支援チャリティソング『明日へ帰ろう』にしました。
「ウルフルズは今度でいいや。」という事で、レジで清算し帰宅しました。

まず、DVDを鑑賞しましたが、あまりぱっとしませんでした。
「まぁ、おまけみたいなものだから。」と思い、CDを聴きました。
「なんか『VOCALIST』シリーズを聴いている感じやな。」と感じました。
そして問題の『レイニーブルー 25th Anniversary Track』と『壊れかけのRadio 25th Anniversary Track』です。
「どっかで聴いたことあるなぁ、このヴァージョン。」
そしてふと感じたのです。もしかしたら、『輝きながら...』もあるんじゃないかと...
検索をするとありました。シングルにはなってなくアルバムに収録されていました。
『VOCALIST & BALLADE BEST』のDisc 2に。嫌な予感がします。
問題の2曲も収録されています。「もしかして...」
このアルバムのDisc 1の収録曲を見ました。
「これ、レンタルした記憶がある。」
探してみると、やっぱりありました。ショックを受けました。
「レンタルしてるんだったら、いらないじゃんこのCD。」
がっかりしました。ウルフルズを買っておけばよかったと。

僕の中で、『レイニーブルー』、『輝きながら...』、『壊れかけのRadio』は邦楽の中で(もしかしたら音楽全体かも)とても好きな曲です。
なのでたぶん『VOCALIST & BALLADE BEST』をレンタルした時も、この3曲が25th Anniversary Trackだったので、すかさずレンタルしたのだと思います。
この件は、原盤を確保したと思い納得することにしました。
しかし『輝きながら』の25th Anniversary Trackはレンタルのままですが...

後日、本屋に行くとバーゲン商品は無くなっており、もちろんウルフルズのCDもなくなっていました。
がっかりです。
よく下調べをして買うべきだったです。
スマホも持っていたんだから...

ROSE
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment