Love This Giant / David Byrne&St.Vincent

165.jpg

Talking Headsが好きと言っても全てを聴いてる訳ではないので、このAlbumが発売された時も関心を示す訳でもなく・・・いつの間にか忘れさったAlbumとなっていたのです。

しかし、年末色々な雑誌を読んでいると2012年度のランキング中で見てしまい・・・何気に気になり始めた時に聴いた『who』・・・これはTalking Headsだと思った瞬間に・・買っていました。

ソロになってからのDavid Byrneのイメージがチャレンジの方でしたので、聴くまでは失敗するかなとも思っていたのですが、このAlbum聴いてみると面白かったです。ブラスを上手く利用しながらも音は古臭くなく、むしろ目新しい感じのするAlbumです。ヴォーカルがDavid Byrneだからしょうがないのでしょうが、Talking Headsが戻ってきたような感覚のするAlbumでもあります。

Talking Headsの再結成は流石になさそうですが、David Byrneが次に何をするのかが楽しみになりました。



Palerider
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment