Welcome to my blog

1980music

1980music


337.jpg

本人曰く失敗作らしいです。

発売は1984年

XTCとElvis Costelloが失敗作という時、不思議と解り易い音を創っている時が
多いと思います。彼らが踏み込んだ時はマニアックな音が多くて・・
Album『Goodbye Cruel World』本当久しぶり聴いたのですが、聴き易い曲が多い

Costelloは嵌って追いかけていましたので、一時期は全Album・・リイシュー盤も
買ったりして本当に追いかけていました。リイシュー盤内容が毎回違うので・・
怒りを覚えながらも購入していました。ただ、彼には多様な音楽を教えてもらったので
感謝です・・そういう意味でいえばRobert Palmerにも色々な音楽の楽しみ方を
教えてもらいました。

『The Only Flame In Town』Costelloを好きになったきっかけのような曲ですが・・
当時はやはりDaryl Hallを見ていたような気がします。何せ当時音楽を聴き始めた
ばかりだから音楽性が狭い・・本当に彼の音が楽しめるようになったのは10年以上
経ってからでしょう。

さて、Costello・・もうそろそろBurt Bacharachと組んだ時のような力を見せてほしい・・
そろそろ趣味ではなく力を入れた新作を・・



Palerider



関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply