ジョージ・マイケル 素顔の告白

georgemichael01.jpg
マクセルのCM懐かしい~。「 えっへん、ハイポジション!」が流れるとは驚き。そして、相方アンドリューが、そのまんま東になっていました。

英国シンガーにありがちな翳りを含んだ名作2ndを、「ジョージ版ネブラスカ」と言われていたとは面白い皮肉である。
ジョージに関するコメント出演に、スティングやマライア、フィル・ラモーンに、スパンダーのマーティン・ケンプ、そしてノエル・ギャラガーまでと意外な面子が楽しめました。

ゲイネタは、初のパートナーがエイズ死。そして次の彼氏、ケニーが大々的に紹介され、あのトイレの真実も語られる。男漁り=クルージング、忘れてました。

煌びやかなワム時代、ソロとして大成功を収めて以降の彼が本当の彼なのかもしれません。クイーンの新ボーカリストにもなれなかったのではなく、ならなかったのかも。

それにしてもジョージ・マイケルって相変わらず自分を表現するのが下手というか、不器用をウリにしてませんかね?


koolhand
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

koolhand  

ですよね

かなり、そのまんま東なので笑いが出ました。

自分も2mdの方が好きなんですよね。特にスティービーのカバーと、Cowboys & Angelsが気に入ってます。

2013/07/26 (Fri) 13:00 | REPLY |   

パンチョ  

あー、ホントに東になっちゃってますね~アンドリュー(笑)。
ジョージのソロはFaithよりも2thの方がアルバムとして統一感があって好きですね。今でも2thは時々聴きます。

2013/07/26 (Fri) 05:42 | REPLY |   

Post a comment