Welcome to my blog

1980music

1980music

なぜ、今頃クリスマス・アルバムなのでしょう?
それはStingの曲が収録されているからです。
ただ、ここに収録されている曲は、『If On A Winter's Night...』に収録されています。
アルバムと違うヴァージョンかどうかは、わかりませんが正直聴かなければいけないという曲でもありません。(失礼)
ただ、購入するには理由がありました、当たり前ですけど。(笑)
地元のタワーレコードで、クリアランス・セールをしていて、なんと290円だったんです。
このアルバムにStingの曲が収録されているのは、情報として持っていましたから、迷いはありませんでした。
しかし、本当に買う必要があるかどうかは悩みました。
収録されている曲をみると、スタンダートな名曲が多くありましたので、それも後押しをしたと思います。
新しいんだから少しは音がよくなっているだろうという思いがありました。
もちろんこんな季節に聴くはずもないので、それがわかるのは今年のクリスマスです。

Stingの曲は聴きました。
ただ、アルバム自体をそんなに聴いていないので、正直ヴァージョンが違うかどうかわかりません。(笑)
そして、気になった曲が1曲ありまして、それを聴きました。
それは「Happy Christmas(War Is Over)」でアーティストはMaroon 5です。
彼らの事は、デビュー・アルバムしか知らないので何とも言えませんが、どんな曲にしたのかすごく気になり聴くことにしました。
しかし僕には、やはりこの曲はJohn Lennonしかありえません。
Maroon 5のヴァージョンが悪いとかじゃなくて、Johnの方が平和への願いが強く伝わってくる感じがするからです。
英語がわかるわけではありませんが、曲の雰囲気などで十分伝わってきます。
あえて、この曲を他のアーティストで聴くとするのであれば、王様の「幸せなクリスマス(戦争は終わった)With 泉谷しげる」でしょう。
これは日本語直訳なので歌詞がそのままわかりますし、曲の雰囲気も大事にしてカヴァー(?)されてます。

なんか、話がそれてしまいましたが、今年のクリスマスはこの2枚組のアルバムを聴いて過ごしたいです。
290円で36曲も収録されているので、すごくお買い得だったと思います。

ROSE
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply