Welcome to my blog

1980music

1980music

Fast Times At Ridgemont High

『Fast Times At Ridgemont High: Music From The Motion Picture』/Original Soundtrack(Various Artists)

1. Somebody's Baby(「誰かが彼女を見つめてる」)/Jackson Browne
2. Waffle Stomp/Joe Walsh
3. Love Rules/Don Henley
4. Uptown Boys/Louise Goffin
5. So Much In Love/Timothy B. Schmit
6. Raised On The Radio/Ravyns
7. The Look In Your Eyes/Gerard McMahon
8. Speeding/The Go-Go's
9. Don't Be Lonely/Quarterflash
10. Never Surrender/Don Felder
11. Fast Times (The Best Years Of Our Lives)/Billy Squier
12. Fast Times At Ridgemont High/Sammy Hagar
13. I Don't Know (Spicoli's Theme)/Jimmy Buffett
14. Love Is The Reason/Graham Nash
15. I'll Leave It Up To You/Poco
16. Highway Runner/Donna Summer
17. Sleeping Angel/Stevie Nicks
18. She's My Baby (And She's Outta Control)/Palmar / Jost
19. Goodbye, Goodbye/Oingo Boingo

このSoundtrackは、僕にとって青春であり、人生である。

koolhandPaleriderJAYと中学1年生のころに知り合り、それから彼らの影響で映画を観るようになりました。
ジャンル的には、ホラー以外は何でも観たと思います。
なので自然に「ロードショー」、「スクリーン」といった映画雑誌をみるように。
その頃とても気に入っていた女優さんがいて、彼女の名前はフィービー・ケイツです。
当時のティーンエイジャーの間では、彼女やブルック・シールズ、ソフィー・マルソーらが人気でした。
僕はソフィー・マルソーやブルック・シールズには全く興味がなかったので、『ラ・ブーム』シリーズ等は観ていません。
しかし、『ラ・ブーム』シリーズの主題歌は良く聴いていたよなぁ。

フィービー・ケイツのファンになった僕は、彼女の出演する映画を観あさった。
リアル・タイムで観たのは『プライベイト・スクール』で、しかも初日の1回目の上映だった。
なぜにこんなに早く観たのかは、koolhandが「フィービー・ケイツの人気は、お前が思っているよりあるんだから、はよ行かんといい席で観れん!」と。
まぁ、koolhandが、このやり取りを覚えているとは思わないけど(笑)。

という事で、『プライベイト・スクール』以前の映画も、再上映の映画館で観るチャンスがあったので、勿論観た。
彼女のデビュー作『パラダイス』は確か、テアトル天神か、親不孝通りにあった映画館で、2本立てだった。
組み合わせは、あの名作『ゾンビ』だった。
『ゾンビ』のあまりにも気持ち悪さに、劇場を出てもよかったのですが、大本命の『パラダイス』を観ていないので出るわけにはいきません。
『ゾンビ』の悪夢を乗り切ってようやく『パラダイス』を観る事ができました。

『初体験/リッジモント・ハイ』は、確かセンターシネマで観た覚えがある。
ここは、ロードショーが終わった映画を安く観せてくれる映画館だったので、学生時代はよく通ったものでした。
今回は何事もなく、鑑賞し終わりました。(笑)

そして、当然の流れでそれらのサントラを聴くことになりますが、ただ当時の僕はまだ洋楽を聴くことはなく、ほとんどが映画音楽でした。
洋楽は映画に使われているものを聴く程度で、誰がどんな曲を歌っていようと殆ど関係ありませんでした。
映画音楽は、FMラジオから流れてくる音楽を、エアチェックして良く聴いていました。
ある日『初体験/リッジモント・ハイ』が特集されていて、主題歌など3曲紹介されていました。
その曲は、Jackson Browneの「Somebody's Baby(「誰かが彼女を見つめてる」)」、Timothy B. Schmitの「So Much In Love」、そしてSammy Hagarの「Fast Times At Ridgemont High」です。
洋楽を聴かない僕でも、前者2曲はすごくイイ曲でノック・アウトされてしまいました。
しかし、Sammy Hagarの曲を聴いて、「なんで、こんな曲が主題歌なん?」と感じたのを覚えています。
ただ、Sammy Hagarのベストで聴くと素晴らしいです。たぶん手が加えられているのでしょう。
前者2曲を大変気にいった僕は、レンタル・レコード屋さんにLPを借りに行きました。

このサントラは2枚組で、46分テープ2本使って録音しました。
頻繁にひっくり返して良く聴いていました。
しかし、あんまり頻繁だったので「何か手はないか?」と思ったところ、90分テープにおさまる事がわかりました。
ダブル・ラジカセなんか持っていなかったので、友人に頼み90分テープにしてもらいました。
これでひっくり返す手間が減りました。

いつの間にか、この映画のサントラを録音したテープもなくしてしまい、時代はLPからCDにかわってしまったので、このサントラを聴くことができなくなりました。

このサントラでJackson Browneを知りました。
リアル・タイムで聴いたのが『Lives In The Balance』です。
これ以降彼の追っかけ(CDの)が始まります。
彼のいろんなアルバムを知ることができました。
しかし、「Somebody's Baby(「誰かが彼女を見つめてる」)」にたどりつくことができませんでした。
この曲はサントラにしか収録されていないことがわかり、サントラか、EPレコードを探さないとダメでした。

正しい年まで覚えていませんが、おそらく1995年ごろにこのサントラがCD化されました。
そんなアナウンスは、聞いたことがなかったので、このサントラの存在を知りませんでした。
しかし偶然、サントラ・コーナーで見つけました。
その時はかなり興奮したと思います。
「やっと、「Somebody's Baby(「誰かが彼女を見つめてる」)」が聴けると!」
偶然は重なりEPレコード「Somebody's Baby(「誰かが彼女を見つめてる」)」を見つける事ができました。
この頃になると、かなりJackson Browneを聴きこんでいました。
ただ、アルバム『Hold Out』より以前の音楽を聴くことはありませんでした。

そして、ある日お客様のところへパソコンを配達に行きました。
お客様は女性で、僕よりは年上といった感じです。
パソコンのセッティングには、ちょっと時間がかかっていたので、彼女はその間を埋めるかのようにCDをかけ始めました。
僕はセッティングをしながら、その曲を聴いていたのですが、どこかで聴いたことがある声です。
あまりにも気になったので、彼女に「それJackson Browneですか?」と尋ねました。
すると彼女は「Jackson Browne聴くんですか?」と聞いてきたので、僕は「『Hold Out』以前は知らないんです。」と答えると、「これは、Late For The Skyです。」と。
さすがの僕も、彼のアルバムの内容を知らないとはいえ、アルバム・タイトルぐらいは知っていたので、「そのアルバム、聴いてみたかったんです。」とかえすと、「何枚かお貸ししますので、聴いてみてください。」と言われた。
そして、初期4枚のアルバムを借り、その日は終わりました。

借りてしまったモノは、返さないといけないので、彼女と連絡をとり4枚のアルバムを返し、それから自然とお付き合いするようになりました。
そして、チョッと何かはありましたが(二人以外の問題で)、順調に交際は進み結婚することになりました。
新居に移り、レコードを整理していました。
お互いのレコードを持ち寄り、話しながら整理をしていると、僕のEPの中から「Somebody's Baby(「誰かが彼女を見つめてる」)」が出てきました。
それをみて彼女は、「私も持っている。」と言いながら出してきました。
僕のは中古でしたけど、彼女のはリアル・タイムでの購入のようでした。
Jackson Browneを聴くうえで「Somebody's Baby(「誰かが彼女を見つめてる」)」外せないと言うような、やり取りをしたのを覚えています。

「Somebody's Baby(「誰かが彼女を見つめてる」)」でJackson Browneを知っていなかったら、彼女とは結婚していなかったでしょう。
本当にこの曲は二人にとって大事な曲です。

ROSE
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
ROSE  
koolhandコメントありがとう。

この話何回もしてるかねぇ?(笑)

フィービー・ケイツ今見てもいいけど、なんでだろうね?
彼女が黒髪と言うところにポイントがあるかも。

あと、彼女のLPがCDにならないか、待っているんだけど。(笑)

2013/07/22 (Mon) 21:11 | EDIT | REPLY |   
koolhand  
素敵な出会いだね

ROSE、何度か話は聞いたけど、音楽が2人を惹きつけたなんて、素敵だよ。

ROSEのフィービー・ケイツ好きと、「ゾンビ」との出会いは覚えているけど、やり取りは全く覚えてないねぇ。自分が早く見たいだけだったんやろうかね(笑)

2013/07/22 (Mon) 10:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply