2013年度・ボウリング㉙-兄弟対決⑧

8月31日は、母のカラオケ教室の発表会の受付を兄としていました。
その時に、ボウリングの事で兄が僕にダメ出しを...
「勝つつもりがないやろう?」とか「マイ・ボールとかでやる意味がないんじゃない?」とか。

僕のスタイルは相手に勝とうと言うよりも、5フレーム目まで投げて勝てるラインを計算して、そこから頑張るというもの。
兄に言わせると、「それじゃぁ、相手にとどかんやろう?」と。
と、まぁ色々言われ兄が「ちょっとボウリングやろうや。」となってしまいました。

道具を取りにいく時間が無かったので、久しぶりのハウス・ボール、ハウス・シューズで投げました。
相手に勝つという意味では、この条件は非常に不安です。

スコアは
ROSE・兄』
1ゲーム-123、スペア3、ストライク1、スプリット2
2ゲーム-162、スペア5、ストライク2
3ゲーム-126、スペア3、ストライク2
4ゲーム-141、スペア4、ストライク3
アベレージ-138、スペア35%、ストライク19%

ROSE
1ゲーム-133、スペア3、ストライク2、スプリット1
2ゲーム-158、スペア3、ストライク4
3ゲーム-167、スペア4、ストライク3
4ゲーム-170、スペア3、ストライク4
アベレージ-157、スペア30%、ストライク30%

3勝1敗で僕の勝ちです。
コテンパンにしてあげました。(笑)
結果から言うと、兄の言う「マイ・ボールとかでやる意味がないんじゃない?」は、その通りです。(笑)
いつも投げている13ポンドではなく、12ポンド。指もちょっとゆるめです。
ボールが軽いと倒れにくいと言われますが、それはそうでもないと思いました。
ただ勿論理屈から言って、重い方が倒れやすいと言うのは、その通りだと思いますが...(笑)
靴に関しては、ハウス・シューズは左右とも滑ると思いますが、今日のはどちらも滑りませんでした。(笑)
なので、フィニッシュはきれいに決まっていました。

とにかく意識したのは、まっすぐ投げる事です。
ただ時々フィニッシュが、バックアップになってしまい、ボールが右に切れていきます。
それに、スパッドをめがけて投げていたのですが、思った所を通りません。
板1枚とか2枚くらいなのですが、あとちょっと修正が必要です。
1ゲーム目はあまりよくなかったですが、そこから尻上がりにスコアを伸ばし続ける事ができて良かったです。
完璧ではありませんが、結果はまぁ納得がいくものでした。

前回のボウリングから考えていたことは、ショートフックの技術取得は勿論目指しますが、ストレート中心で問題ないんじゃないんじゃないのではないかと。
今まで優勝してきた大会では、ハウス・ボール、ハウス・シューズで、ストレート・ボール。
決して悪いスコアでもない。
あれこれ迷うより、ひたすらストレートを投げる。
これでいいと思います。
あと兄が言った、「勝つつもりがないやろう。」は、変な話「相手が120だったら121を目指せばいいか?」そうじゃないと思います。
ボウリングは自分との闘いなので、相手のスコアは関係ないと思います。
自分のベストを尽くした結果が、相手より上だったってことだと思います。

スランプは脱したと思います。
あとはひたすら力を抜いて、ストレートになげ、きれいなフィニッシュをしていきたいです。

ROSE

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment