Wise Up Ghost / Elvis Costello & The Roots


41trlPabpOL__SL500_AA300_.jpg

久しぶりにCostelloのAlbumを聴きました・・Warner時代までは聴けたんです。
『When I Was Cruel』ぐらいからちょっと合わないなと思い出し、
『Momofuku』でもう合わないと思いAlbumも買わなくなったのですが・・・

Costelloのコラボも・・彼の趣味なので、良し悪しは、おいといて難しいんですよ
Bacharachの時みたいに上手く嵌まるときもあれば・・・個人の趣味の問題なので
難しいですが・・聴けないと思えるものもあります・・・

さて、今回は・・

このAlbumが、Don Was率いるBlue Noteから発売されたことがプラスに出たように
感じます。ここ最近のインデペントな会社からだと・・Costello好きなようにやりすぎて
本当の意味で自分の趣味の音になるように感じます。誰か、彼の首に鈴をつけておかないと
緊張感のある音を創り上げることが難しいような気がします。

最初は、はずれかなと思っていたのですが・・聴いていくうちに嵌まってしまった自分が
いました。RootsというBandの曲を聴いたこともないので、一概には言えないんですが、
最初自分が入れた情報だとヒップホップ系のBandと聴いていたので・・Albumを聴いていくと
????でしたが、もしかしたら、Delux盤を買ったほうが良かったのではないかとまで
思わされています。

今後もCostello・・メジャー契約をせず・・独自の道を歩いていくんだろうと思いますが
Impostersと面白いAlbumを創ってほしいな・・



Palerider





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment