Welcome to my blog

1980music

1980music

o0480029312097298197.jpg

「いい売り場は主婦に話かけてくる」
「お前の店にはドラマがない」


正直屋とは名ばかりのスーパー経営に奮闘する主人公、花子だが、やっかみという奴が出てきはじめてから、経営側と社員側に本当の仲間意識が芽生える。職人意識が消えると、職場に活気が出始めて、各々が色々な試みを自ら行動していきます。そのなかで、白菜の話はとても勉強になりました。

ラストはかなり長尺なカーチェイスで、ややぐだぐだ感がある終わり方でしたが、全編それなりに楽しめました。「スーパーの女」が公開されて15年以上の時を経ていますが、いまだ安かろう悪かろうが続いている世なので、まだまだ明るみに出ていない食の偽装問題もたくさんあるでしょうね。

疑問がひとつ。お婆さんがビール飲んでいるシーンの演出の意図は何だったろだろうか?

koolhand
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply