fc2ブログ

4人がそれぞれの想いを綴ります

2013年度・ボウリング㉟-練習

昨日は、第22回全国障がい者ボウリング大会の大会要項および申込書が送られてきました。
この大会は、スコアー表を出す必要があり、1ゲーム-116点が最低ラインです。
Ave.ではダメなのです。3ゲームですべてが116点以上。
一見簡単のように思われるのですが、波がある僕にとってこれは結構厳しいのです。(笑)
来週の水曜日が休みなので、大会事務局へ持参したいと思います。

スコアは
1ゲーム-128、スペア1、ストライク3
2ゲーム-102、スペア2、ストライク0、スプリット2
3ゲーム-139、スペア4、ストライク2、スプリット1
4ゲーム-165、スペア3、ストライク4
5ゲーム-164、スペア2、ストライク5、スプリット1
アベレージ-139.6、スペア23%、ストライク26%

1ゲームの1投目は、足を滑らせてしまい、「あちゃぁ...」と、思っていたのですが、結果はストライク。
1ピンとかガータとかでなく良かったです。
今日はすべりやすそうでしたので、その点を気をつけなければなりません。
1ピン残りが2回あり、それをしっかり仕留めなければなりませんでしたし、残りの4回は僕の苦手なピン残りだったので、全部倒しきることができませんでした。
その中での128はヨシとしなければならないでしょう。

問題は2ゲーム目です。1投目はそんなに問題はないのですが、スプリットはあったものの、それ以外はそれほど難しくなく、しっかりスペアを取らなければいけませんでした。
ストライクがないことも原因でした。

調子を取り戻したのは、3ゲーム目からでした。
1、2投目は9ピンで、スペアが取れなかったのですが、「今日ダメだなぁ。」と思っていたら、そこから調子を上げてきました。
8、9フレーム目にマークがつけれませんでしたが、10フレームでダブルを出し、終わってみたら165と予想外の結果が残せたのがよかったです。

5ゲーム目は、1投目を失投してしまったのですが、それをスペアでリカバリー。
そこから5フレーム目までノーミス。
「いける!」と思ったのがいけなかったのか、6フレーム目の1投目を5ピンと失投し、スプリット並みの難しい残り方。もちろん取れませんでした。
気を取り直して次を投げるとストライク。
「調子がいいなぁ。」と思っていると、次のフレーム5ピンを失投。
残りはそれ程難しくなかったのですが、1番ピンに当たらずマークがつけられませんでした。
9フレーム目でまたストライク。今日は調子がいいのか、悪いのかさっぱりわかりません。
すると10フレームでスプリット。もうこれは取れません。
7フレーム目までは「200いけるんじゃぁ。」と思っていましたが、マークがつけられなかったフレームのせいで届きませんでした。

今日は、前回宣言したように、ストレート・ボールを投げていたのですが、悪い癖がでてしまい上手くいきませんでしたが、「どうせ悪いんだったら、ショート・フックを投げよう!」と切り替えたのがよかったです。
ボールが親指から離れ、中指・薬指が穴から抜ける時に、2本の指を握る感じでボールをひっかけるのです。
今まではあまり上手くいかなかったのですが、今日は面白いくらいいい感じで投げれました。
自分でもこれだけの結果が出せるとは思っていませんでした。
4ゲーム目でストライク4つ、5ゲーム目で5つと、ストライクを量産できました。
続けてでなかったので、スコアにつながりませんでしたが...

もちろん課題もあり、フィニッシュが安定せず、1本足で立つことができませんでした。
床がすべりやすいということもありますが、体が右にいってしまい崩れてしまいます。
残りピンの1~2ピンを取る精度を上げないといけないことでしょう。
20ピンはUPすると思われます。
まだまだ、伸びしろはあります。
来年の高いに向け頑張っていきます。

ROSE
関連記事
スポンサーサイト