Welcome to my blog

1980music

1980music

2011033000364161f.jpg
野望編とはさすがに出来が違っていました。

手錠ネタを仲間から突っ込まれる井上薫が大活躍。敵を一網打尽にするアイディアが子供レベルで、屈強なテロリスト集団がコントのようになぎ倒されていく姿が滑稽。セキュリティの甘さ表現があまりに酷いので、諸外国から国会議事堂が本気で狙われるのではと心配にもなりました。兄弟とは全く気付かなかったので驚きでしたが、それ以上に堤真一演じる尾形のガニ股が異様に気になりました。

風邪は気合いがあれば、ひかないという女性議員。奉公先上司と全く同じ発言でげんなり。こんな事言われ続けているので風邪で病欠した事ありません…

本題からそれました。

ラストは引っ張りすぎな感ありで、展開や映像も陳腐で残念な部分もありましたが、これ続くのでしょうかと思わせる終わり方は、何気に確信犯的な作りで、ワンパターンだなと思いつつ印象に残りました。

koolhand
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply