FC2ブログ

続・80’sのひとり事

大地震


12595091.jpg
この映画2011年3月5日に鑑賞。感想を書いた後に震災が・・・。慌てて予約投稿していたものを取り消して1年間寝かしていました。1年、2年と経過しましたが、何となくアップする気持ちにならないままでした。

おおじしんと読むか、だいじしんと読むか。原題はアースクエイク。アースクエイク・テンタが思い出される事と、映画チラシが2種類ある事が思い出された。そうそう、だいじしんが正解でした。

74年という時代背景を考えれば、臨場感たっぷりの素晴らしい映像と音でした。少々目を覆いたくなるような映像、高層ビルでのスリリングな展開もあり、パニック映画としては上出来ではないでしょうか。ストーリーはタワーリング・インフェルノに似ていますが、ヘストン演じる建築家が、妻と愛人の間で揺れ動く男の姿を熱く演じており、強いアメリカの男性像らしく最終選択へと導かれていきます。結末は色々な意味で、あっけなかったです。

ジョージケネディ演じる警官は正義の塊のようなナイスガイで、一番オイシイ役でした。また、ウォルター・マッソーが変な服を着て酒場で酔っぱらっていましたが、ゲスト出演扱いだったのだろうか。

ところで、地震前にイーストウッドの映画を見に行くシーンがあるのだが、何か意味があったのだろうか。イーストウッドの映画鑑賞中に地震が起きて、スクリーンのイーストウッドが消えていくのだが、意図的なものを感じました。

koolhand

関連記事
スポンサーサイト



1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/3129-c28a6d50