うっちゃいけない 100枚~Palerider編 14~

Paul Young / The Crossing

51k5+6jeaWL__SL500_AA300_.jpg

1. Hope In A Hopeless World
2. Now I Know What Made Otis Blue
3. Bring Me Home
4. The Heart Is A Lonely Hunter
5. Won't Look Back
6. Only Game In Town
7. Love Has No Pride
8. Down In Chinatown
9. Half A Step Away
10. Follow On
11. It Will Be You
12. Man Of Steel
13. Cold Sweat

このAlbum売れて欲しかった・・でも、売れなかったことによって
このAlbum自分の名盤に入りました。ProducerはDon Was・・

Singleになった1・2の名曲具合から、売れないことはないと思っていたのですが
何故かチャートアクションが良くなく・・でも、自分は好きでしたこのAlbum。 
相変わらず、自作の曲は少ないのですが、Paul Young曲を見る目は超一流でしたので
渋めな名曲が多く入っています。Singleにはなりませんでしたが、6. Only Game In Town
は、Koolhandと名曲だなと言っていた記憶があります。この曲の作者は
Paul Youngと『We Build This City』などこの時期、数多くヒット曲を書いていたMartin Pageです。
自作の曲も悪くないんですよ。

この後、Paul Young他の80年代のArtist同様チャート上から消えていきましたが、又新作を聴いてみたい
Artistの一人です。今、Blue Eyed Soulを唄うと素晴らしい曲を教えてくれそうなので





Palerider


関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

palerider  

そのBest盤って

そのBest盤、Sony時代だけなの?カバーAlbum『Reflections』の曲とか収録されていないのかな?Paul YoungのBest盤多く出ているので・・
どれが良いか解らないv-291


2014/01/23 (Thu) 10:06 | REPLY |   

palerider  

お久しぶりです

パンチョさん、本当にお久しぶりです。

Paul Youngは、自分渋い曲が好きなんですよね。シングルの大ヒット曲のない
3rd『Between Two Fires』が一番のお気に入りです。97年の『Paul Young』今聴くと違うように聴こえるとは思うのですが、当時はなんとなく耳に残らずという状態でした。今度、聴いてみます。


2014/01/23 (Thu) 10:02 | REPLY |   

koolhand  

おおっ

これ、Paleriderから借りて、焼きを入れて今も持っているよ(笑)
一押しは勿論、Only Game In Town なんだけど、Now I Know What Made Otis Blueも好きだね。

ちなみに、PAUL YOUNGは2枚組のベスト盤を所有しているけど、Now I Know What Made Otis Blueと
Hope In A Hopeless World、It Will Be Youの3曲が収録されているよ。

2014/01/21 (Tue) 10:52 | REPLY |   

パンチョ  

あっ、ポールだ!素直に嬉しい~^^

お久しぶりですー。

見にいけなかったニックのライブの感想を見に来てみたら・・・
なんと私の個人的な師匠“Paul Young”を取り上げていただいていて、コメントスルーは出来ませんww

売れなかったですねー。
でも地味だけど、これも大好きなアルバムですね。
Paulの場合どのアルバムでもそうですが、
ヴォーカリストである分だけ、歌うべき楽曲への選曲眼はブレないですね。

大ヒットしてた時期に比べればサウンドのアレンジも落ち着いて、
今聞いても古さを感じさせませんね。
私は【1. Hope In A Hopeless World】だけでも胸が締め付けられる思いです。

そして97年のEast Westから出たアルバム“Paul Young”もこのアルバムと同様な意味でオススメですよね。(きっと!?)

2014/01/21 (Tue) 03:55 | REPLY |   

Post a comment