FC2ブログ

続・80’sのひとり事

「パンの缶詰」で貧困をなくせ!栃木のパン屋さん、世界規模の挑戦!


20140206_g.jpg
社会貢献とビジネスを両立させた、「救缶鳥」のシステムは素晴らしい。
それでいて、社長の言葉、「私達は社会貢献とは思ってない。商売をし続ける」との弁。

継続的なボランティアには売上は必須。お金がないと継続できない事はあたり前だと知らされる。

学生がパンの缶にメッセージを書いて、恵まれない地域の海外に送る。久々に心から素晴らしいと思える会社だった。
龍さんも、今売上5億だが、1000億になってほしいは本音だろう。

koolhand

関連記事
スポンサーサイト

1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/3223-43cbc3bc