ローカル路線を救う! 驚きの手法

20140218_3.jpg
上に電線のないディーゼルカーが走るだけで、ローカル線のレトロな雰囲気があると言う江口さんのごもっともな感想。

車両オーナープレートをひとり5万円で掲げるナイスアイディアを展開する、いすみ鉄道。
更に驚きが社員集め!700万円を自己負担することで、運転士になれる制度。
ちなみに700万円は2年間の人件費や研修費で既に13人集まっている。

そして、いすみ鉄道応援団まで出来、春には沿線沿いに菜の花が咲く。
社長の特急解釈が、「特に急がない列車」とは粋な言葉。
素晴らしいアイディアマンの方でした。

koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment