FC2ブログ

続・80’sのひとり事

80’sリワインド・フェスティバル2012


80s_rewind2012_starship.jpg
シスコはロックシティの大合唱からスタートした、リワインドフェス2012。
前回同様ミュージックエアさんありがとうございます。

変態的な着ぐるみで登場は、ライトセッドフラッド。曲は勿論、キャットウォーク(笑)
シニータの時にステージに上がるフランキー(観客?)のような事がしてみたい(笑)

まさかの記憶喪失男がリワインド・ライブに登場!ただし、声は悲しいぐらいに出ていませんでした。

続いてWANG CHUNGが登場。曲は、「ダンス・ホール・デイズ」。

他のアーティストとは格が違うとばかりに登場はリック・アストレー。
曲は勿論、「ネバ・ゴナ・ギブ・ユー・アップ」で、装いまも当時を再現していましたよ。

そしてまさかのクリスチャンズと言えば、「ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド」に感動。
ザ・ストレイツとして、「マネー・フォー・ナッシング」を演奏しでましたが、当然、マークノップラーは居ません。
ボーカルの声はやや似ている程度です。

ローランド・キブト、「シー・ドライブス・ミー・クレイジー」。果たして声は出ていたのか微妙な感じ?
バングルス、「エターナル・フレイム」は今迄にないぐらい会場が大合唱で大盛り上がり。

OMDが予想外にライブ映えしていて驚きました。
と、ここ迄書いて曲目リストを見て更に驚きました。
トニー・ハドレーを見た記憶が全くないのですが、寝てしまっていたのか?

【曲目リスト】
●スターシップ「We built this City」「Nothing's Gonna Stop Us Now」 ●グランドマスター・フラッシュ「The Message」 ●ライト・セッド・フレッド「I'm too Sexy」 ●ソウル・II・ソウル「Back to Life」 ●シニータ「So Macho」 ●ジョン・パー「St Elmo's Fire」 ●ワン・チャン「Dance Hall Days」 ●リック・アストリー「Never Gonna Give you Up」「Whenever You need Somebody」 ●クール&ザ・ギャング「Jungle Boogie」「Get Down on it」「Celebration」 ●ザ・クリスチャンズ「Harvest for the World」 ●ザ・ストレイツ「Money for Nothing」 ●ローランド・ギフト「She Drives Me Crazy」 ●バングルス「Eternal Flame」 ●ジミー・ソマーヴィル「Small Town Boy」 ●マーク・アーモンド「Say Hello, Wave Goodbye」 ●トニー・ハドリー「Gold」「True」 ●OMD「Souvenir」「Enola Gay」

koolhand
関連記事
スポンサーサイト



1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/3429-195ebbdd