2014年度14枚目『Best Of Orianthi...vol.1』/Orianthi

orianthi_best.jpg

1. アコーディング・トゥ・ユー
2. ホワッツ・イット・ゴナ・ビー
3. カーリッジ
4. エヴリィ・ロード・リーズ・ホーム・トゥ・ユー with リッチー・サンボラ (未発表曲)
5. セックス・イー・ビザー feat.スティーヴン・タイラー (初CD化)
6. サンシャイン・ラヴ (JUKE MIX)
7. ゴッド・オンリー・ノウズ
8. シャット・アップ&キス・ミー
9. フローズン (ロック・レディオ・エディット)
10. フィールズ・ライク・ホーム
11. ベター・ウィズ・ユー
12. ハイリー・ストラング with スティーヴ・ヴァイ
13. ビリーヴ
14. アディクテッド・トゥ・ラヴ
15. ヘヴン・イン・ディス・ヘル
「なんで、このタイミングでのリリースなんだろう?」って思っていたら、『SUMMER SONIC 2014』でRICHIE SAMBORAのバックで来日して、バックでORIANTHIがギターを弾くとのこと。

「いいタイミングで出すなぁ。」と思っていたら、もしかすると日本先行、もしくは日本限定かもしれないです。
アメリカのAmazonでは、この日本盤が輸入盤扱いだった事をみると、この線は考えられるかも。
世界的に彼女のファンはいると思いますが、日本での人気も結構高いので特別の取り計いなのでしょうか...

前回の記事で『Life Love & Hope』で、日本限定盤に怒り心頭だったですが、Orianthiに関しては全然OKです。
彼女の日本でも人気は高いと思いますが、まだまだファン層は広がると思いますし、このベスト盤がリリースされたことによって、認知度がもっとひろまり人気が上がる事と思います。
ホント、沢山の人に彼女のことを知ってもらいたいです。

あえて、難があるとすれば選曲ですかね。
まだ、メジャーからリリースされたアルバムが2.5枚(笑)ということもあり、『Believe 』(『Believe(II)』。)中心なのが残戦です。

今回共演した、RICHIE SAMBORAや、STEVEN TYLER。
そして『Believe 』で共演した、STEVE VAIなんですが、全然彼らに引けを取っていません。
この大物感が、イイ感じのORIANTHIです。
これからが非常に楽しみです。

女性に甘いROSEでした。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment