Nathan East/NATHAN EAST

71q2omtGX5L__SL1500_.jpg
01. 101 Eastbound
02. Sir Duke
03. Letter From Home
04. Moondance ft.Michael McDonald
05. I Can Let Go Now ft.Sara Bareilles
06. Daft Funk ft.Byron“Mr. Talkbox"Chambers
07. Sevenate ft.Chuck Loeb
08. Can't Find My Way Home ft.Eric Clapton
09. Moodswing
10. Overjoyed ft.Stevie Wonder
11. Yesterday (duet with Noah East)
12. Madiba ft.David Paich
13. America the Beautiful
秀逸なベーシストという印象があるNEATHAN EAST。他にはマーク・キングが浮かぶが、奏でる音色はかなり異なる。
前面に出るマーク、後方に控えるNEATHANといったところだろうが、クラプトンが歌うスティービーのカバー“エイント・ゴナ・スタンド・フォー・イット”のように控えめながらも持ち場ではメロディアスにベースを奏でるミュージシャン。

シティ・フュージョンとでも表現したくなるような洗練されたアルバム。参加メンバーもこの人ならではの人脈で豪華絢爛。
週に1回はCDトレイに乗せて聴きたくなる魅力ある上質な一枚で、01はフォープレイ、02、10はスティービー・ワンダーのカバー。04と12はAORファンの期待に応えるナンバーで、06はダフトサウンドに痺れる事間違いなしとアルバム全曲カッコイイ出来。

これは今年のベスト10は相当悩まされることになりそうです…。


koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment