80’sリワインド・フェスティバル2013

80srewind2013_2_abc.jpg
このナイスガイは誰だと思ったら、ミスター・ワン・アンド・オンリー、チェズニーホークス!!
バックで印象に残るギターを弾くはニック・カーショウと憎い演出。

「ウィー・クローズ・アワ・アイズ」はステージ後ろのスクリーンでMVの木製人形が動くこれまた憎い演出。
インタビューでドラミンが90年代をこけ下ろし、80年代を絶賛するコメントに拍手でした。

ベリンダは痩せたのか、老けたのかよく分からない人になっていました。
声はよく出ていましたが高音はちとつらそう。

ニック・カーショウは、「サン・ゴーズ・ダウン」を。会場は当然、大合唱。
やっぱり来日ライブ行くべきでした・・

マーティン・フライはやはり今回もスーツで登場。流石、伊達男である。
曲は勿論、「ルック・オブ・ラブ」から、「スモーキ・シングス」へと。来日しないかなぁ。

今は孫が加入しているとインタビューで紹介していたポインター・シスターズは久々にお姿を拝見しましたが、よい意味で変わらない見せて聴かせるライブでした。


koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment