あるCDオンラインショップのメルマガで...

毎日の日課の、メール・チェックをしていました。
こんなこと言うのもあれだけど、友人からくるメールはほとんどが携帯にくるので、特にみないといけないメールはほとんどない。
CDショップのはちょっとみるかな?
それでも流しながらですけど。
その中で新譜の情報があって、その中にびりー・アイドルの名前が!
「彼も頑張っているんだなぁ。」と思いながら読み続けていると、なんとジョン・レノンの名前があるではないですか!
「新作とかあるわけないやん!」とみていると、彼のソロアルバムが紙ジャケになるそうです。
「もう前にもなったやろ!」と思っていると、2010年にリリースされた音源を使って『2010年デジタル・リマスター音源を基にしたDSDマスターよりHRカッティング』をおこない、それを、SACD、プラチナSHM、SHM-CDにするらしい。
高音質CDをだすのだけど、SACDのプレーヤー持っている人ってそんなにいるの?
CD準拠してないプラチナSHMを購入しても、いつまでもちゃんと再生できるのか?
今でも高音質だと思うのに、SHM-CDでだす意味あるのか?
まぁ、不満の多いものなんですけど、どうしても購入しておきたいCDがあります。
それは、『心の壁、愛の橋』です。
ご存知の方もおられると思いますが、2010年にリリースされたCDのジャケットは、「なんだかなぁ。」と感じでした。
john2.jpg
「やるんだったら、あのジャケットでやってくれよ!」ってことで、今回はその『あのジャケット』でする模様です。
john1.jpg

ただ、現在は情報が不足していて、僕のこの情報が正しいかどうかわかりません。
このサイトでは、そういう認識のようです。
これだったら、買いなのですが、どのCDを購入するか悩みます。
SACDプレーヤーは、あるにはあるんですが、約10年も前のものなので、これが壊れるとそのあと再生できなくなる可能性があります。
気軽にSACDプレーヤーが手に入ればいいのですが...
プラチナSHMはCDに準拠してないので、再生できないプレーヤーがある可能性があるのです。
公式的にも、「古いのではかからないかもしれない。」となっているのでチョッと怖い。
そして今はいいけど、CDプレーヤーが進化して再生できなくなる可能性がないとも言えません。
SHM-CDは、正直これが音をよくしているかどうかわからない。
なので、SHM-CDだと無理して購入しなくてもいい。
総合的にみると、プラチナSHMに落ち着くのでしょうか?
まぁチョッと、このCDが発売されるまで悩みたいと思います。(笑)

ROSE
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment