One World

無題1030
前作、ライフトラベラーが自分的に今一つピンと来るものがなかったので期待値は正直それほど高くなかったのですが、今作品は面白い。「おおっ!」、「そう来るか!」と心が弾む頁が随所に散りばめられており、作品に登場する人物がとても身近に感じられる。

自分が大好きな、「ワンピース」や、「クロスオーバー・イレブン」を想起させるストーリーもあり、津嘉山正種さんにナレーションしてもらえればなんて考えるとワクワクします。

自分が悩んでいる事、自分が信じて続けて来た事、既に自分が経験した事などなど、一気に読み終わりましたが、すぐにもう一度、最初から読み直す、そんな本です。

人生という物語は続いていく。
ひとりひとりの経験は違うけど、感動の多い経験がしたい。
そして、みんなが誰かを幸せにしているこの世界を共感出来る人になりたい。


koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment