エリザベスタウン

31822546.png
会社で大失敗した人を見て、「大失敗は自分でなくて良かったと思う」というが、事実だ。失敗は同情するが、大がつくと話は別。そんな大失敗で約10億ドルの損失を出した男の話。

フリート・ウッドマック、「ビック・ラブ」のアコースティックバージョンが劇中流れましたが、まるでMTVのように贅沢に素敵な曲が激中散りばめられており、音楽センスは5点満点な選曲です!

ミッチ(お父さん)を忘れた主人公は穴埋めから、白黒はっきり付けて何かが変わる。出逢いで人は変わるかも?
「大失敗?それが何?」そんな映画です。「人生は山あり谷あり」など、人生訓が多く惹きこまれます。

主人公の男がオーランド・ブルーム、ロマンスの相手役女性はキルスティン・ダンスト。どこかで見た事あるのだが、ガーディガンズのボーカルにしか見えませんでした。そして主人公の妹役女性ジュディ・グリアが好みです(笑)。

それからスーザン・サランドン演じるお母さんが葬儀で披露した最後のスピーチにタップダンスは見事でした。この葬儀と、「新しい人生の始め方」での娘の結婚披露宴がイメージとして被るのだが何故だろう?

エンディングに向かうPVのような一人旅悪くはないですが冗長過ぎでやや退屈になりました。結末が分かると引っ張られ過ぎは…


koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment