The Raven that Refused To Sing / Steven Wilson

51dDNh31CTL__SY355_.jpg

初めて聴いたとき、King Crimsonだと思いました。まぁ、プログレ好きならこの音ど真ん中ですね。Steven Wilsonプログレ好きなら、Remaster職人ですか・・・・。いつか聴いてみようと思っていた彼のAlbum、特にエンジニアにAlan Parsonsの名前を見つけた時は、買いと思い・・・購入。

Pink Floydの雰囲気もありますが、最初書きましたとおりKing Crimsonの音が聴こえてきます。でも、面白いですね・・・Alan Parsonsの名前を見ただけで、Pink Floydを意識するんですよね・・・でも、『Red』っぽい音が聴こえると思うとKing Crimsonと思わされるAlbumです。プログレ好きなら、このAlbum名盤と思いますよ。



Palerider
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment