狼の挽歌

0728-2.png
『降りろ!』の台詞まで約10分、カーアクションが続きいきなり撃たれるブロンソン演じる殺し屋ジェフ
一命はとりとめたものの、刑務所へ

裏切りにより撃たれたジェフは復讐へと向かい、主犯格のひとりをカーレース中に狙撃しようとするのだが、逡巡というか躊躇うシーン、よく意味がよく分からなかった
そして、悪女と殺し屋が複雑に絡み合い始めると…

終始悪女に翻弄されるジェフ
その女はジル・アイアランド演じるヴァネッサ
めちゃ綺麗だが、やたらSEXシーンや裸のシーンが多いと思ったらブロンソンの奥さんという事を思いだした
あっ、テリー・サヴァラスも出ていましたよ!

70年代によくある好きな音楽が劇中頻繁に流れるのだが、やはりエンリオ・モリコーネ!

男らしいケジメをつけるジェフ、ラストの狙撃は印象に残る名シーンでした

しかし、映画チラシのキャッチ
「強烈な男の体臭を撒きちらす」
今の時代なら犯罪レベルですな(笑)

koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment