FC2ブログ

続・80’sのひとり事

なんと、なんと、なんと!


今僕には、Cutting Crewブームが、起こっています。
特に湧き出てきたものではありません。
ある情報が...
それは、Facebookからでした。
なんと、10月2日に彼らのニューアルバムが発売されるそうです。

一応、『Grinning Souls』から約10年ですが、このアルバムはVocalsのNick Van Eedeしかおらず、残念なことに2002年にはGuitarのKevin MacMichaelがお亡くなられており、Nick Van Eedeのソロ・プロジェクト状態になっていました。

その前は1992年に『CompusMentus』を、この二人でリリースしていました。
もちろんCutting Crewファンの僕は、リリース当時所有はしていましたが、リサイクルする時に、このアルバムと、2ndの『The Scattering』(輸入盤)を放出してしまいました。
放出したことには後悔がなかったように思えましたが、やっぱり何年か後に後悔してしまいました。

僕が中古CDを購入する際の約束事は、日本盤は必ず帯が付いていないといけないというモノです。
2ndを中古CD屋で見かけましたが、帯が付いていませんでしたが、聴きたいという欲望が強く、購入してしまいました。
しかし、そんなに遠くない未来に、帯付きを発見することになりました。
もちろん、ふ、ふ、ふ。

問題は3rdアルバムです。
Cutting CrewのCDは市場ではほとんど見ない気がします。
しかも、3rdはもっと見ません。
見つけたら、速攻で買っているはずですし。
しばらく、止めていたオークション・サイトを見ていました。
すると、『CompusMentus』が新品で出品されていました。
値段は覚えていませんが、500円以下だったと思います。
絶対買いなんですが、チョッと気になり点は、見本品だという事です。
同じように聴けるので、問題はないのですけど、なんか響きが...w
当然、購入しました!
そして、Cutting Crewの新作が発表されるという事で、この3rdアルバムをようやく長い年月が経った末に開封しました。

ちょっと、本題からずれてしまいましたが、ホント10月2日が楽しみです。
メンバーとしては、Nick Van Eedeだけですが、前回のような内容にはならないと思います。
Facebookの投稿の内容をみていると、結構充実した活動ができているようです。
そうそう、ベストヒットUSAの彼らのインタビューも投稿されていました。
とても、懐かしかったです。

あと約2か月です。
指折り数えてこの日を待ちたいです。

CUTTING CREW - Add to Favourites

『Add To Favourites』/Cutting Crew

1. TILL THE MONEY RUNS OUT
2. LOOKING FOR A FRIEND
3. BERLIN IN WINTER
4. KEPT ON LOVING YOU
5. SAN FERIAN
6. ALREADY GONE
7. AS FAR AS I CAN SEE
8. BIGGEST MISTAKE OF MY LIFE
9. ONLY FOR YOU
10. SHE JUST HAPPENED TO BE BEAUTIFUL

ROSE

関連記事
スポンサーサイト

1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/3675-3f6e6861