FC2ブログ

続・80’sのひとり事

僕の愛するレコードたち ①-『No One Is To Blame』/Howard Jones


只今、レコードをハイレゾ化しています。
StingのEPと12inchは、だいたい終わりました。
何故だいたいなのかと言うと、オフィシャルかどうかわからないモノたちを、ハイレゾ化するか迷っているからです。
まぁ、急がなくてもレコードはなくならないので、後回しにしたいと思います。

今回は、Howard Jonesの『No One Is To Blame (悲しき願い)』です。

no one is to blame


A-1 No One Is To Blame (Extended Mix)
B-1 The Chase
B-2 No One Is To Blame (The Long Mix)

正直、Howard Jonesは、ほとんど聴いたことがありませんが、この曲はよくMTV等でオン・エアーされていたこともあり、好きになりました。
何故7inchではなく、12inchを購入したのかは覚えていません。
おそらく、12inchが目の前にあったからでしょう。w

A-1は、よくありがちな『Extended Mix』で、前奏や間奏がやたら長いです。
歌が始まるまで首を長くして待たなければなりません。(笑)
ProducerがPhil Collinsだったので、彼のコーラスやドラムが聴くことができます。
偶然何日か前に、彼の『No Jacket Required』を聴いていたので、彼の声がしっかり分かりました。

B-1は、インストです。この曲は以上です。w

B-3は、『The Long Mix』ってなっていますが、3分9秒しかありません。
僕が所有しているコンピレーション・アルバムでは、『No One Is To Blame (悲しき願い)』は4分10秒あります。
なので、何がロングなのかよく分かりません。(笑)
超・久しぶりに聴いた感じでは、曲調がチョッとオリジナルとは違う感じです。
某サイトで調べてみると、Producerが違うようで、何故そうなのかはわかりません。

こんな感じで、レビューを書いていきたいと思います。
特に何かの順番にはなっていませんが、アーティスト別にはなっていると思います。
ココを訪れられる方々が、80年代を思い出していただければ嬉しいです。
あっ、80年代ではないのもあるかもしれません。(笑)

ROSE

関連記事
スポンサーサイト

1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

4 Comments


ROSE says..."Paleriderへ。"
80’sのアーティストのベストって結構多いよね。
どれも似たようなものが多いけど、自分が何を大事にするかで見つかると思う。
SHM-CD、リマスター、曲数など...

僕は、欲しい曲はもちろんだけど、曲数かな。
できれば、新しいヤツ。
リマスターかどうかは、あまり重要じゃない。
あ~、もしかしたら、ジャケットも重要かも。(笑)
2015.08.26 16:35 | URL | #- [edit]
ROSE says..."koolhandへ。"
このヴァージョンがそうか分からないけど、先に『Dream Into Action』に収録されてるみたいやね。

焼き直しみたいのことを、当時聞いたことを思い出した。
あとからの方がヒットするって、アーティストにとってはどうなんやろう。(笑)
2015.08.26 16:26 | URL | #- [edit]
koolhand says..."多分"
オリジナルがロングミックスなのだろう
俺も12インチ持ってたはずなのに全く記憶がない

フィルが弄る前のオリジナルがその分数に近いからね(笑)
2015.08.23 21:57 | URL | #- [edit]
Palerider says..."悲しき願い?"
この曲だけのためにベスト盤を買おうか迷っています。ただね・・・彼もBest盤が多くて迷っています
2015.08.23 21:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/3689-ab4bc00f