僕の愛するレコードたち ①-『No One Is To Blame』/Howard Jones

只今、レコードをハイレゾ化しています。
StingのEPと12inchは、だいたい終わりました。
何故だいたいなのかと言うと、オフィシャルかどうかわからないモノたちを、ハイレゾ化するか迷っているからです。
まぁ、急がなくてもレコードはなくならないので、後回しにしたいと思います。

今回は、Howard Jonesの『No One Is To Blame (悲しき願い)』です。

no one is to blame


A-1 No One Is To Blame (Extended Mix)
B-1 The Chase
B-2 No One Is To Blame (The Long Mix)

正直、Howard Jonesは、ほとんど聴いたことがありませんが、この曲はよくMTV等でオン・エアーされていたこともあり、好きになりました。
何故7inchではなく、12inchを購入したのかは覚えていません。
おそらく、12inchが目の前にあったからでしょう。w

A-1は、よくありがちな『Extended Mix』で、前奏や間奏がやたら長いです。
歌が始まるまで首を長くして待たなければなりません。(笑)
ProducerがPhil Collinsだったので、彼のコーラスやドラムが聴くことができます。
偶然何日か前に、彼の『No Jacket Required』を聴いていたので、彼の声がしっかり分かりました。

B-1は、インストです。この曲は以上です。w

B-3は、『The Long Mix』ってなっていますが、3分9秒しかありません。
僕が所有しているコンピレーション・アルバムでは、『No One Is To Blame (悲しき願い)』は4分10秒あります。
なので、何がロングなのかよく分かりません。(笑)
超・久しぶりに聴いた感じでは、曲調がチョッとオリジナルとは違う感じです。
某サイトで調べてみると、Producerが違うようで、何故そうなのかはわかりません。

こんな感じで、レビューを書いていきたいと思います。
特に何かの順番にはなっていませんが、アーティスト別にはなっていると思います。
ココを訪れられる方々が、80年代を思い出していただければ嬉しいです。
あっ、80年代ではないのもあるかもしれません。(笑)

ROSE
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

ROSE  

Paleriderへ。

80’sのアーティストのベストって結構多いよね。
どれも似たようなものが多いけど、自分が何を大事にするかで見つかると思う。
SHM-CD、リマスター、曲数など...

僕は、欲しい曲はもちろんだけど、曲数かな。
できれば、新しいヤツ。
リマスターかどうかは、あまり重要じゃない。
あ~、もしかしたら、ジャケットも重要かも。(笑)

2015/08/26 (Wed) 16:35 | REPLY |   

ROSE  

koolhandへ。

このヴァージョンがそうか分からないけど、先に『Dream Into Action』に収録されてるみたいやね。

焼き直しみたいのことを、当時聞いたことを思い出した。
あとからの方がヒットするって、アーティストにとってはどうなんやろう。(笑)

2015/08/26 (Wed) 16:26 | REPLY |   

koolhand  

多分

オリジナルがロングミックスなのだろう
俺も12インチ持ってたはずなのに全く記憶がない

フィルが弄る前のオリジナルがその分数に近いからね(笑)

2015/08/23 (Sun) 21:57 | REPLY |   

Palerider  

悲しき願い?

この曲だけのためにベスト盤を買おうか迷っています。ただね・・・彼もBest盤が多くて迷っています

2015/08/23 (Sun) 21:37 | REPLY |   

Post a comment