The Sound Of Mcalmont & Butler / Mcalmont & Butler


71eECwUPYDL__SL1098_.jpg

最初に『Yes』を聴いたときに、何処かで聴いた感じの曲と思っていました。その後、何処で聴いたの直ぐ解りました。そう、Manicsでした。何でだろうと思ってはいたのですが・・・気にせずにいたらいつの間にか忘れておりまして・・・やっと、疑問が晴れました。この曲のProducerがMike Hedgesだったのです。Mike Hedges、Manicsでは、Everthing Must Go(  )をProduceしていますので音が似たのでしょうね。時代もこのAlbumが1995年、Manicsが1996年・・・

最近、諦めてはいるのですが・・・どうしてもDeluxe盤を買ってしまいます。このAlbumもそうです・・・2枚目聴かないと解っているのに。Mcalmont & Butler、このAlbumを作っている最中に仲間割れをしたらしく・・このAlbum、音に統一制がありません。 Mike Hedgesにしても『Yes』だけというもったいない使い方です。聴いていくと、凄いというAlbumではないのですが、あの当時のイギリスらしい音ですかね・・・・



Palerider
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment