4年越しの...

マラソン


今日は、1万人規模の地元のマラソン大会でした。
僕は、ファンランの5kmの部です。
この部には、順位の表彰はありません。

2012年から、この大会に出場したかったのですが、この年はエントリーが間に合わず。
翌年の2013年は、2014年からこのマラソン大会一新することの準備期間ということで、2013年はを実施されず。
2014年の新たになったマラソン大会は、抽選は通過したのですが、風邪をひいてしまい参加できませんでした。
そしてようやく、2015年の今年、スタートラインに立つことができました。

これに向けてのトレーニングはしてきたのですが、僕は喉が弱く順調にはいきませんでした。
しかし、走れない時は5kmは歩きます。
距離の対応はできるようにしてきたつもりです。
5kmを走ったのは、前々日が初めてでした。
マイ・ペースで走っていたので、きつくなることもなく、6:20/kmと僕的にはイイ数字だと思います。
大会当日もこのペースで走れれば、イイと思いました。

前の日は、早く寝たのですが、早く起きなければならない事もあり、それがプレッシャーになったのか、1時間毎に起きてしまいよく寝れません。
朝早かったこともあり、誰も起こすことなく朝食をとり、着替えて家を出ました。
スタート会場に着くと、服を着替えたり、荷物をあずけたりしてスタートを待ちます。
去年は雨で、今年も昨夜は雨。
午前中まで、雨が残ると思われていましたが、晴天とまではいきませんが、雨が上がってとてもうれしかったです。

スタート時刻になり、スタートをしましたが、あまりにも人が多く前に行くことができません。
まぁ、タイムを競う部門ではないのでイイのですが、やっぱり自分のペースで走りたいです。
1kmも行かないところで、少し前にいた女性が転んでしまいました。
何かに引っかかったのでしょう。
すかさずその女性に、前から助けに男性の方が行ったのですが、彼女を持ち上げようと脇を抱えているのですが、あがりそうにありません。
思わず、彼女の前に出ていき、手を差出て手をにぎり、体を起こしました。
「簡単に起き上れたやん。」と思っていると、彼女が「○○(ここは聞こえませんでした)が、破けた~。(泣)」と。
僕は、「仕方ないやん。」と言うと、彼女はコースから外され、怪我等がないかチェックされていたようです。
僕の出番はここまでなので、コースに戻りました。
人と人の間を抜けながら、前に進んでいきました。
終点前1km位で、だいぶ人がばらけてきたので、ペースをあげて走りました。
iPhone片手に、距離を測りながら走っていたのですが、5kmになってもゴールは見えたきません。
確か、5kmちょっとあるのは知っていましたが、思わず「あと、どんだけ~!」と心の中で叫んでいました。(笑)
ようやく、ゴールが見えてきて安心しました。

ゴールに着くと、給水所でアクエリアスをもらい、更衣所で着替えました。
その時思ったのは、約37分で走ったのですが、すごく楽であっという間の出来事だったなでした。
来年もできたら、出場したいです。ただ、抽選がありますが...
最終的には、フルマラソンに挑戦できたらなと思います。

家に戻ると、妻がそのマラソン大会の中継を見ていました。
僕の部はあっという間に終わっていたので、テレビに映ることはないと思っていました。
僕らの部のスタートのVTRが流れていました。
僕が走っている前に、ダース・ベイダーの仮装(?)のその人が映っていました。
「仮装は、僕らの部はいかんかったのに。」と思いながら、それに目がいってたら、妻が「あれ、あれ。」と言います。
僕が走る時の服装を言うのです。
「今、映っていたよ!」と。大事なところを見逃してしまいました。
まぁ、イイとします。(笑)

4年越しの夢が叶いました。
いついつまでにという事はありませんが、フルマラソンを走れるようになればと思います。

ROSE
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment