Welcome to my blog

1980music

1980music

太平洋クラブ・クラウンライター

51XfEnUgncL__SX347_BO1,204,203,200_

今のパリーグの隆盛を見ると・・・70年代末期のパリーグを知っているものにとっては、凄いとしか言葉が出て来ないんですよね。特に地元のライオンズの弱さを覚えているというか?野次の面白さを覚えていますからね・・後、試合終了後外野から球場に入って遊んでいた頃を(今では、捕まります・・・でも、70年代末期、平和台では当たり前のことだったんです)

この本のことを知った時、この両球団を覚えている人というか、書いてみようと思う人がいたんだ?と思わされました。今だと、当時は言えなかったことが書かれているだろうと思いましたが・・・想像以上でした。福岡市・財界が当時どれだけライオンズに厳しく対応したかなど・・それは、出て行くよ・・と思わされました。

『返せ、返せライオンズを返せ・・・』という歌を70年代末期、福岡にいた学生はほとんど覚えていると思います・・・。この歌は、ライオンズが所沢に移るのが決まってから街中に溢れていた記憶がありますが、この本を読むと、『それは都合が良すぎるよ』という言葉が出てきます。極貧球団にしたのは、当時の福岡市と市民だったと思うから。



Palerider
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2016-01-19
Posted by

Comments 3

There are no comments yet.
Palerider  
難しいよね

野球・サッカーなどのプロ球団って経営が本当に難しいと思うよ。特にサッカーなんてプロだけどプロの金額を得ていないと言われているし

2016/01/24 (Sun) 15:11 | EDIT | REPLY |   
ROSE  
なにせ、両球団のファンクラブに入ってましたから~っ。

僕もライオンズが、埼玉に行ったときは、すごく残念な思いをした。

「この曲知らん」と思ったら、聴いてみると、「あ~。」
知ってる。(笑)

2016/01/19 (Tue) 19:27 | EDIT | REPLY |   
koolhand  

「返せ、返せライオンズを返せ・・・」

確かによく覚えている
こんな意味だったとは当時知る由もなく

そう言えば、ダイエーの名も消滅したし

孫さんの会社も、もしかすると?

何にせよ球団経営ってファン頼みな部分が多いから
市や市民の功罪は大きかったかもしれないね

2016/01/19 (Tue) 10:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply