日経ビジネス 2016年4月 読後感①

新・成長モデルで復活

cover_20160427151343a88.jpg

2期連続で営業減益だった『しまむら』が、浮上し始めている。との記事で、
この『しまむら』衣料品業界では、ユニクロに次ぐ2位。店舗も1,300店舗あるらしい。
営業減益に陥った原因を『仕組みの限界』と会社は考えており、500店舗のやり方を
1,300店舗でやろうとした・・それは、無理だろう・・と、外にいる人間はわかるのだけど・・
中にいる人間は、改革を拒むのですよね。現場で働く人達にとって、仕事の流れが変わること
これが一番嫌なことなんだよね。で、改革した結果、現場がスムーズに動き出したことが・・
浮上してるという事らしいのですが、。付加価値とかは、今更の話でしょうし・・正直この記事だけだと
浮上し始めているだろうな・・としか解りませんでした。

数年後、『しまむら』がどうなっているかが楽しみな記事ではありました。

Palerider







関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment