救急車で搬送されました

20160606203605767.jpg
人生2度目の救急車

ちょうど1ヶ月前の6月4日

土曜サービス出勤して講師をした夜
会社後輩と先輩と3人で寿司屋から鶏屋
そして〆のラーメンと梯子
18時から23時頃まで飲んでいました
20160606203659601.jpg

まだ地下鉄に乗れるので駅に向かい改札で2人と別れて
階段をかけ下りていたら足を踏外し転倒


『人が倒れた!』


この声に後輩先輩が気付き助けてくれなければ
大変な事になっていたと感謝しています

そこからの記憶は朧気ですが
思い出すと血の気が引く…

多量の血が額から出ているのにも係わらず
記念に写真を撮れと言う自分に呆れ果てます
後輩先輩から翌日写真を見せられた時は身震いしました

驚いた事が2つ
ひとつは搬送された病院が偶然産まれた病院だった
もうひとつは、酩酊状態だったので麻酔なしで縫われた事

あの縫われた感触と、研修していたのか
『縫いかたと、糸の切り方をよく見とけよ』
縫い終わった後、直ぐ糸を切らずに傷口について説明していたのは忘れないぞ!(笑)

幸い骨折や目などに外傷もなく本当に運が良かったです
誰かを巻き込んで怪我などさせていたらと考えると反省レベルでなく猛省です

転倒した際に直ぐ駆け寄ってくれた男性の方
タオルを額に当ててくれて、お礼もタオルのお返しも出来ないままです

このブログは見ていないでしょうが
『本当にありがとうございました』


自分が酩酊しない飲み方をできるまで外では節酒モード
腹一杯飲みたいときは家飲みします

4月の痛風から6月の転倒
何れもお酒が原因ですね…
20160606203816930.jpg

koolhand

関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

koolhand  

バーネットさん

コメント本当にありがとうございます

バーネットさんの行動も驚きですが、かなりヤバイ状態だったのにもかかわらず
自分で運転して救命救急になんて、無茶し過ぎじゃないですか!
大事に至らなかったのは幸いですが、バーネットさんも無理しないで下さいね

後から怖くなったは自分もよく分かります(笑)
今は酔っていない状態でも地下鉄の階段は走らなくなりました…

2016/07/12 (Tue) 19:49 | REPLY |   

バーネット  

ご無沙汰です。
大事にならず良かったですね。

ボクは救急車に乗ったことはありませんが、救命救急にクルマを運転して乗りつけそのまま入院したことがあります。
お医者さんには怒られるし家族や同僚には呆れられました。
全快しましたが実はかなりヤバイ状態だったようで後から怖くなりました。

2016/07/10 (Sun) 23:47 | EDIT | REPLY |   

koolhand  

みんな、ありがとう

ROSEへ
麻酔なしは酩酊状態で、麻酔が効かないからという判断
研修生は笑ったけど、縫ってくれた人は女医さん
後日病院に行って抜糸した時に良い女医さんにあたったねと言われたよ

palerider
本当に助けていただいた方々には感謝しています
コメントしてくれたpaleriderにも感謝

Jay
寝るわ、記憶なくすわと本当に酒に弱くなりました
先日も最後の方はよく覚えていないし…

2016/07/08 (Fri) 14:38 | REPLY |   

Jay  

なんだかな!?

もうお酒強くないんで無理せんごとせなあかんな。
お互いに!

2016/07/07 (Thu) 18:40 | REPLY |   

palerider  

本当に

人のことは言えないけど身体だけは大切にしないと
Koolhandを助けていただいた方々には感謝いたします

2016/07/07 (Thu) 13:53 | REPLY |   

ROSE  

気をつけないかんよなぁ。

アルコールが入って走るのは、いろんな意味で危ない。
しかし、麻酔なしってのは、どうやって判断したんだろうね?
そこで、「痛いっ!」って言ったら、麻酔をかけたのかな?
いずれにしろ、「研修生とやるので、色々あります。」みたいな説明は必要だと思うな。

大事に至らなくて良かったね。

2016/07/06 (Wed) 19:34 | REPLY |   

Post a comment