FC2ブログ

続・80’sのひとり事

DESS HXは、どうなん?


去年の11月に、iPhone 5sからXperia Z5に機種変更をしました。
Xperia Z5にした目的は、ハイレゾ音源を聴くこと。
ハイレゾを聴くことは、他の機種でもできるのですが、やっぱりSONY(WALKMAN)の音で聴きたかったのです。
そして、イヤホンも専用(?)のMDR-NC750を購入しました。

ハイレゾを聴いての感想は、特別に凄いとは感じませんでした。
なぜなら、iPhone 5sがハイレゾに対応してないとは言え、アプリで再生できていたものですから。
違いは、ハイレゾ対応イヤホンと言うところでしょうか。

ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能は初体験でした。

ノイズキャンセリング

ノイズ環境設定


ノイズキャンセリングは以前からあるものですが、対応したイヤホンと音楽再生機を持ったことがなかったので、どのようなものか分かりません。
どうでしょうか?
劇的には回りのノイズが少なくなったとは感じませんが、なんとなく音楽を集中して聴けているようです。

そして僕が思っていることですが、このイヤホンが中途半端な作りになっているのではと言うこと。

①プラグがL字型でないこと。今まで使用してきたイヤホンはコレだったのですが、I字型はポケットに1方向しか入らないので不便です。

②他のスマホ対応イヤホンの様に、ボタンがないこと。
コレは、音楽を再生したり、停止するためには、本体を操作しなければなりません。
電話がかかってきた時も同様です。
ただ、このイヤホンで通話すると、めっちゃ音がイイです。

③スライダーがついていない事。
音楽を聴いている時、コードがブラブラして凄く邪魔です。

以上が、イヤホンの不満点なのですが、もしかするとこれらは音を少しでも良くするために、メーカーの意図があるのかもしれません。

あっ、全然本題に入っていませんが...(笑)
DESS HXですね。

オーディオ設定


コレはSONY曰く、『CD音源やMP3などの圧縮音源の音質を、ハイレゾ音源相当に向上させる独自技術を搭載。いつも聴いているお手持ちの音楽が、ハイレゾのような“豊潤な音”に生まれ変わります。』

初めてこの機能をオンにして、音楽を聴いてみましたが...
音が小さくなりますが(低音の減りは著しい)、ダイナミックレンジが広くなった感じを受けました。
僕は、低音は重視しないのですが、あまりにも減りすぎに聴くに耐えませんでした。
それと、オリジナル(?)とは、音が少し変わって聴こえるのもどうなんだろうと。

しかし...

この機能をオンにして、聴いてみると結構面白いのです。
ソニーの技術を駆使して、こんな音のつくり方するんだぁ~って。
何百回も聴いたBostonの『Third Stage』を聴いてみると...
今まで聴いたものと、ギターの音色が違うのですが、これはこれでありかな、と。
あとは、聴こえていなかったコーラスが、聴こえてくるとか。
一概にこの機能を、否定しなくてもいいと思いました。
この機能を使いたい時だけ、「ON」にすればいいのですから。
ただ、バッテリーがかなり減るので、使用には注意が必要です。

カメラの機能は、SNSに投稿する時にしか使わないのですが、面白いものを手に入れましたので、それは後日upしたいと思います。

ROSE


関連記事
スポンサーサイト

1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/4084-3dfeba4b