Welcome to my blog

1980music

1980music

134329_01.jpg

製作 1999年
監督 マイケル・マン    
出演 アル・パチーノ ・ラッセル・クロウ・クリストファー・プラマー

いつか観ないといけないと思って約20年・・・

この映画、マイケル・マンらしく男らしい映画で、自分がアル・パチーノみたいな男だったら良かったのにと思わされましたが、妙にクリストファー・プラマー演じるマイク・ウォレスが後半に言ったセリフが妙に頭に残っています。『人生最後に何を残したが歴史に残る・・・』厳しい言葉だと思いました。守りに入る人生・・そうですよね・・・ただ、この映画・・マイケル・マンらしく男くさく終わってます。ラストは、アル・パチーノみたいにコートを着こなしたいと思いました。

映画を観た感想ですか・・・実話を基にしたタバコ業界の話ですが・・・厳しい・・・会社の中である程度地位を持っている人間がここまで・・・・出来るかといえば、出来ないと思います。人間そんなに強くありません。映画の中であるように・・普通の人間だったら苦悩します。ただ、面白いというか・・考えさせられました。自分が、もしこの立場になった時どうするか・・・



Palerider
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2016-07-25
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply